LHD

舌の汚れ 原因 – あなたは大丈夫?舌の汚れ”舌苔”を引き起こす7つの理由

「舌の汚れが気になる」「舌の汚れが取れない」とお悩みではありませんか。舌の汚れは、口臭の原因と言われています。デリケートな舌の汚れを取るには、正しい取り方を知ることが大切!今回は、舌の汚れが付着する原因と取り方、予防方法などをご紹介します。

[1]舌の汚れのメカニズム

舌の汚れが取れない原因. 舌が汚れると見た目が悪くなり、そして口臭が強くなります。そのため、舌苔を取るために舌を磨く人が多いです。しかし、舌の汚れは簡単に取れることはなく、過剰な舌磨きによって舌苔が悪化することがあります。

舌の表面の角質がなんらかの原因で伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白く苔が生えたように見えます。舌苔の原因は細菌や口呼吸、消化器系の疾患などがありますが、原因が不明なことも多くあります。

乾いた舌を強くこすると、傷の原因になります。 1舌の奥から手前にゆっくりかき出すように動かします。 2その次に横むきになぞるように汚れをとります。 ※歯ブラシやガーゼは使用せず、舌専用の道具を使用することをおすすめします。

舌にこびり付いた舌苔(ぜったい)は、他人に不潔な印象を与えるだけでなく、口臭が発生する原因にもなります。適切な方法で除去に取り組む必要がありますが、一生懸命ケアをしていても舌の汚れが取れないという場合もあるようです。 今回は、「舌苔が取れない原因と対策」について

舌の奥を磨けば臭いにおいは消える? 多くの人は、歯を磨く習慣があっても、舌を磨く習慣が定着していないのではないでしょうか。 前項でも触れましたが、口の臭い原因には、舌の汚れが大きく関係して

皆さんは「舌ブラシ」使ったことありますか? わざわざ舌ブラシなんて面倒だなと思うこともありますが、 先日テレビで有名俳優さんが舌ブラシを使っていると