LHD

給与法 改正 法案 – 給与法「改正」法案の総務

給与関係閣僚会議; 令和元年人事院勧告関係法案. 一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律(令和元年法律第51号)←令和元年11月15日成立、令和元年11月22日公布 概要(pdf:135kb) 、 成立した法律(pdf:547kb) 、 新旧対照表(pdf:381kb)

平成31年3月5日 放送法の一部を改正する法律案 平成21年5月15日 一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案

給与法の改正 「一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案」閣議決定(10月27日 (金) ) ・ 衆議院総務委員会 法案審査・可決(11月2日 (木)) ・ 衆議院本会議 法案可決(11月2日 (木) )

教員の働き方改革を進めるため、勤務時間を年単位で管理する「変形労働時間制」の導入を柱とする教職員給与特別措置法(給特法)の改正案が9

11月14日(木)、内閣委員会で国家公務員の「給与法改正案」の質疑があり質問しました。質疑では、本題に入る前に、連日大きく報道されている「桜を見る会」について、予算に対し執行率が3倍以上になっている現状を踏まえ、予算執行のあり方について問題点を指摘。

政府が臨時国会への提出法案を絞り込むのは、10月22日に天皇陛下が即位を内外に宣明される「即位礼正殿の儀」前後が事実上休会となるなど

令和元年5月1日から現在までに公布された法律(題名)(令和元年12月13日現在) 最近の数箇月間に公布された法律の具体的内容については、独立行政法人国立印刷局インターネット版「官報」から公布日の官報をご覧ください。 公布された法律 (74件)

防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律 特定防衛調達に係る国庫債務負担行為により支出すべき年限に関する特別措置法の一部を改正する法律案 第197回国会(臨時会)提出法案.

国会提出法案; 地域再生法の一部を改正する法律案: h26.09.29. 内閣官房地域活性化統合事務局: 概要 要綱 法律案・理由 新旧対照表 参照条文: 一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案 :

62 行 · 承認の一覧 提出回次 番号 議案件名 審議状況 経過情報; 198: 3: 外国為替及び外国貿易法第十

提出回次 番号 議案件名 審議状況
195 4 公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案 衆議院で閉会中審査
195 5 行政機関の保有する情報の公開に関する法律等の一部を改正 衆議院で閉会中審査
195 8 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一 衆議院で閉会中審査
196 2 被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案 衆議院で閉会中審査

www.shugiin.go.jpに関する全 62 行を参照
[PDF]

防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する 法律案の概要 一般職の国家公務員に準じて給与改定を行うとともに、自衛官の初任給 を改善するもの 法律の公布の日(一部の規定は令和2年度) 防 衛 省 作成部署:人事教育局給与課 1.

[PDF]

給与条例を改正することとなる(地公法第24条第6項。) 国 都道府県 市町村 指定都市 特別区等 人事院勧告 給与関係閣僚会議 人事委員会勧告 において検討 閣議決定 方針決定 方針決定 法案提出 議会へ条例案提出 議会へ条例案提出

第二章 人事院の勧告に係る国家公務員の給与の改定 (一般職の職員の給与に関する法律の一部改正) 第二条 一般職の職員の給与に関する法律(以下「一般職給与法」という。)の一部を次のように改正す

約2時間半の質疑の後、法案の採決に入り、給与法等の改正法案、および、退職手当法等の改正法案は、それぞれ、全会一致で採択されました。また、各党の共同提案による附帯決議も採択されました(別

会計検査院法の一部を改正する法律案. 089. 防衛省職員給与法改正案 (防衛出動基本手当の支給に係る考慮事項の追加) 防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案. 090. 防衛省職員給与法改正案 (自衛官の給与体系その他の給与の在り方に

政府は18日、公立小中高校などの教職員の勤務時間を年単位で調整する「変形労働時間制」を、自治体の判断で導入できるようにする「教職員給与特別措置法」(給特法)改正案を閣議決定した。過労死ライン超えの長時間労働が常態化して

法改正情報の記事一覧です。人事・総務・経理でつかえる資格なら、給与計算実務能力検定試験。実務能力開発支援協会では、公式の試験対策講座や教材をご提供しています。

[写真]人事院、東京都千代田区霞が関で、3年前の2015年、筆者・宮崎信行撮影。きわめて妥当な内容となりました。人事院は、平成30年人事院勧告を、きょう平成30年2018年8月10日(金)、内閣に勧告。俸給表は、初任給で月1500円くらい、中堅で月400円くらい引き上げて、指定職は据え置く内容と

退職手当の一方的引き下げは許されない ――給与法・退職手当法「改正」法案の閣議決定にあたって(声明)

衆議院内閣委員会は、平成28年2016年11月2日(水)午後12時過ぎ、同日審議入りした「一般職職員給与法案」(192閣法9号)と「特別職職員給与法案」(192閣法10号)を、共維反対、自公民賛成多数で可決しました。金曜日の本会議で可決し、参議院に送られ、今月成立へ。

厚生労働省が国会に提出した法律案について紹介しています。

公立校教員の働き方改革の一環で、勤務時間を年単位で調整する変形労働時間制の導入を柱とする改正教職員給与特別措置法(給特法)が4日

公立校の先生の働き方改革の一環として、教職員給与特別措置法(給特法)を改正する案が国会で審議されている。 特に忙しい時期の労働時間を

自衛官の初任給増額 改正防衛省給与法が成立 記事によると ・自衛官の初任給を令和2年度から引き上げる防衛省職員給与法改正案が15日、参院本会議で可決、成立した。 任期制の自衛官候補生は月額8600

放送法の一部を改正する法律(令和元年法律第23号) (成立日): 令和元年5月29日 (施行日): 一部の規定を除き、公布の日から起算して9月を超えない範囲内において政令で定める日 概要 【115 kb】 要綱 【92 kb】 本文・理由 【158 kb】 新旧対照表 【328 kb】

派遣法改正 厚生労働省が推し進める「働き方改革」の働き方改革関連法が2019年4月1日を皮切りにスタートしました。 正規雇用労働者と非正規雇用労働者と呼ばれるパートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者に対し、「一億総活躍社会の実現」をスローガンに掲げていますが、今一抽象

総務委員会では、共産党を除く各政党の賛成多数により給与法案は採択され、また、育児休業等に関する改正法案は、全会一致で採択されました。各法案は、 直後に開かれた衆議院本会議に上程・採択されたうえ、ただちに参議院に送付されました。

税ニュース. 2018.02.09. 平成30年度税制改正法案が国会提出 平成30年度の税制改正法案は、2月2日に「所得税法等一部改正法案」及び「国際観光旅客税法案」が、2月6日に「地方税法等一部改正法案」が国会に提出された。

参院歳費削減法案とは. 参院歳費削減法案の概要は以下の通り。 自民、公明両党と参院会派「無所属クラブ」は8日、参院議員の歳費を削減する歳費法改正案を議員立法として参院に提出 した。 夏の参院選後から3年間、1人あたり月額7万7千円減らす 。

勧告に基づく給与法改正案は、ほぼ毎年秋から年末にかけて開かれていた臨時国会で可決され、引き上げ分の差額は早期に支給されていました。しかし、今年度は次のような事情から改正案の年内の提出が見送られていました。

国会提出法案(第190回国会) 成立した法律. 情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律 (平成28年3月4日提出、平成28年5月25日成立)

昨年10年ぶりに労働基準法が改正され、4月1日に施行されます。 この改正は、「働き方改革関連法案」(正式名称:働き方改革を推進する法律案)に関するもので、【長時間労働の是正】【多様で柔軟な働き方の実現】【雇用形態に関わらない公正な待遇の確保】が主軸とされます。

改正後: (配偶者の給与収入の上限)配偶者控除=150万円、配偶者特別控除=201万円; 改正前: (配偶者の給与収入の上限) 配偶者控除=103万円、配偶者特別控除=141万円; 職業安定法関係. 求人者の虚偽の求人申込みが罰則の対象となる。

2018年(平成30年)に予定されている人事・総務に関する制度変更・法改正を一覧で掲載。2017年12月22日に閣議決定された税制改正大綱では、企業の生産性向上にまつわる内容が多く盛り込まれた。

日本維新の会は参議院選挙で国民に示した公約実現のため、また我が党の政策立案能力を示すため、国会議員団で「目指せ法案100本提出」と銘打つプロジェクトを進め、101本の法案を提出しました。

2019年4月1日、働き方改革関連法の順次適用が開始されました。時間外労働時間の罰則付き上限規制をはじめ、企業は法改正に対応した労務管理ができるよう準備を進めていく必要があります。本稿では、大企業を対象に働き方改革関連法に関する対策の優先順位について考察し、説明していき

2016年11月16日の参院本会議で、国家公務員の給与・ボーナスを引き上げる「改正給与法」が可決。国家公務員の給与が上がるのは3年連続で、平均給与は行政職で5万1000円増加の672万6000円になるとのこと。公務員の給与は主に大手企業の給与を水準に決められており、「高すぎる」などの多くの

外国人労働者の受け入れ拡大に向けた改正出入国管理法(入管法)が、8日未明の参院本会議で採決され、自民、公明両党と日本維新の会、無所属

9日閉幕の第200臨時国会では、政府の新規提出法案15本のうち、大企業に社外取締役の設置を義務付ける改正会社法など14本が成立した。法案成立

財務省の決裁文書の書換えをめぐり今国会での法案審議に支障が生じかねない状況だが、既報のとおり2月はじめに国会へ提出された平成30年度税制改正関連法案は同月28日に衆議院で可決され、3月9日から参議院へと審議の場が移されている。

国会提出日 法律案名 資料; 平成27年3月31日: 民法の一部を改正する法律案 (※平成29年4月14日衆議院において修正議決)

政府が今国会の最重要法案とした働き方改革関連法は、2018年6月29日の参院本会議で可決、成立しました。残業時間の上限規制や、正社員と非正規の不合理な待遇差を解消する「同一労働同一賃金」、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」など企業・労働者

法改正情報 給与 追加(更新)の操作の詳細は、補足説明書「国民年金法等の一部改正(厚生年金保険の標準報酬月額下限改定)への対応について」に記載していますので、プログラムとともにマニュアル(補足説明書)をダウンロードしてご利用

【緊急署名】すべての労働者の問題です! 労働基準法を歪め教員に「1年単位の変形労働時間制」を適用する法案は廃案に!「1年単位の変形労働時間制」を、公立学校の教職員に適用する法律案(教職員給与特別措置法改正案:略称、給特法案)が、臨時

この法案は、(1)民事執行法と、(2)国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律を改正するための法律案ですが、今回は、このうち、(1)民事執行法の改正部分のうち、特に、債務者財産の開示制度の実効性の向上を目的とした改正点について、その概要を説明します。

働き方改革法案が通り、2019年4月から有給休暇は必ず取得になりました。これまでは、なんとなく本人の希望で取らせていた会社が多いのではないでしょうか。希望せず有給をまったくとらない社員もいますが、これからは法律違反になってしまいます。

閣議決定された教職員給与特別措置法(給特法)改正案の愚 これは長時間労働が常態化している教員の労働状況を改善することを目的としている。 改正案の骨子は、今のところ、新聞報道で知るしかないが、時事通信の記事は以下のようである。

地公法及び自治法の改正案(その1) [46.臨時・非常勤教員] 地方公務員の臨時・非常勤職員の適正な任用等を確保するための「地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法案」が去る3月7日に閣議決定され、国会に提出された。

各年度別の税制改正の内容(※HTML版、PDF版とも同一内容) ※平成29年度以前については、こちら(国立国会図書館にリンク)からご覧ください

厚労省は労働安全衛生法関連省令を改正し、2019年4月から一般の従業員にだけ求められている労働時間の把握を管理職へも拡大されます。 今回の改正の狙いは、一般の従業員と労働内容が実質的に変わらない管理職の過重労働を抑制するものです。

働き方改革関連法(はたらきかたかいかくかんれんほう)、正式名称「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」 (はたらきかたかいかくをすいしんするためのかんけいほうりつのせいびにかんするほう)または働き方改革一括法

第2回給与関係閣僚会議及びその後の閣議において、国家公務員の給与について、去る8月8日の人事院勧告どおり改定を行うこと等を決定いたしました。 能率的な運営を図るよう期待すること、こうしたことを表明しております。なお、給与法改正法案等

外務省の外国名の表記で使ってきたカタカナの「ウ」に濁点を付ける「ヴ」を4月から使わないよう改める在外公館名称位置給与法改正案が19日

9日閉幕の第200臨時国会では、政府の新規提出法案15本のうち、大企業に社外取締役の設置を義務付ける改正会社法など14本が成立した。法案成立率は93.3%。安倍政権が最重要課題と位置付けた日米貿易協

多くの法改正にある中小企業に対する適用猶予期間はありません。 年休の時季指定義務 対象となる従業員. 年休の指定義務が発生するのは、年10日以上年休を付与される労働者です。 具体的には、次のよう

ここでは、人事労務担当者がチェックしておきたい、労働法・社会保険関係法令を始めとした人事・労務に関する法律の最新の改正情報を確認できます。 最新の法改正情報

外務省が外国の名称を表記する際、これまで使用してきたカタカナの「ウ」に濁点を付ける「ヴ」を来月から改める在外公館名称位置給与法改正

先週14日、与党による平成30年度税制改正大綱が公表された。 個人所得課税については、「働き方改革」を後押しする観点から、特定の収入にのみ適用される給与所得控除と公的年金等控除が引き下げられる一方、どのような所得にも適用される基礎控除が引き上げられる。

国民民主党は21日、第25回総務会を党本部で開いた。 報告・承認事項では、原口一博国会対策委員長と舟山康江参院国対委員長が入管法改正案や給与法改正案での与党の強引な国会運営の状況と対応方針を説明し、承認された。

[PDF]

法案提出 事業所別調査 国家公務員(行(一))と民間の月例給を比較 役職段階、勤務地域、学歴、年齢を同じくする者同士の給与を比較 (ラスパイレス方式) 内 閣 勧告の取扱い 決定 国 会 (給与法の改正) ボーナス (前年8月から当年7月まで)