LHD

宮城県 地震被害想定 – <宮城県沖地震41年>リスクの連鎖(下)強震被害 「想定内」の …

被害想定結果一覧の表; 定地震. 1 宮城県沖地震(単独) (海洋型) 2宮城県沖地震(連動) (海洋型) 3長町利府線断層帯の地震 (内陸直下)

宮城県では,地形情報や地質情報などの地盤条件ならびに人口,建物の種別やライフラインなどの社会条件をもとに想定地震に対する地震動,津波を予測し,その結果から人的被害,建物被害及び経済被害などを算出し,震災対策などの基礎資料とするため,平成22年度~平成23年度にかけて第

宮城県第三次地震被害想定調査報告書目次 (各項目をクリックするとpdf・docファイル(14KBから823KB)を新しいウィンドウで開きます)

宮城県実施分
[PDF]

地震とは異なる震源の地震であることから、宮城県沖地震の発生確率への影響はない。次の 宮城県沖地震の発生は確実に近づいてきており、早急な地震対策を講じることが必要となっ ている。 宮城県では、「地震被害想定調査」をこれまでに昭和59~61年度

[PDF]

(出典:宮城県地震被害想定調査に関する報告書 宮城県防災会議地震対策等専門部会 平成16年3月) ②主な被害想定結果図面(以下は全て長町-利府線断層帯の地震)(その1) 震度分布図 液状化危険度

地震予知連絡会は同年4月26日、「3月11日の本震発生時に想定されている宮城県沖地震も起きていた」との見解を示した 。 また、地震発生後、宮城県沖に区分される範囲でもこの地震による多数の余震が発生している。 その他の宮城県沖を震源とする地震

発生日: 1933年(昭和8年)6月19日

山形県の地震活動図等、様々な情報が掲載されています。 宮城県 宮城県の防災・安全のページです。 仙台市 仙台市の防災・緊急情報のページです。宮城県沖地震に関する情報や地震被害想定など、様々な情報が掲載されています。 山形県

地震ハザードマップ作成の目的

茨城県地震被害想定について. 県 では,平成10年3月に地震被害想定を公表しましたが,公表から約20年が経過し,人口,建物分布,インフラの整備状況などが変化したことなどを踏まえ,最新の科学的知見とデータに基づき,新たに地震被害想定調査を実施しました。

・宮城県、山形県では都市部を襲う地震により、12~20万人規模の被災者が出ると予想 されています。 宮城県沖地震による想定被害

1978年宮城県沖地震の概要

この地震は塀やブロック塀の破損・倒壊による死傷者が目立ち、都市開発型の被害特徴を持つものとして注目された。気象庁はこの地震を「1978年宮城県沖地震」と命名した。 【参考文献:気象庁技術報告第95号1978年宮城県沖地震調査報告】

[PDF]

1)被害想定項目ごとの考え方 6 2)想定地震動別の被害想定項目 7 4.被害想定結果 1)被害想定結果の概要 8 2)被害想定結果の詳細 (1)宮城県沖の地震 18 (2)三陸沖北部の地震 28 (3)十勝沖・釧路沖の地震

(3)想定宮城県沖連動地震・津波が発生した場合の被害想定調査結果(pdf形式) もっと詳しい内容をご覧になりたい方は、こちら↓ 「岩手県地震・津波シミュレーション及び被害想定調査に関する報告書(概要版)」(PDF形式:2006年2月修正版)

[PDF]

上記のほか、本想定では、東日本大震災や平成16 年(2004 年)新潟県中越地震など第3 次地震被害想定(静岡県(2001))以降に発生した地震・津波災害の教訓や、社会環境の変化、 最新の科学的知見の反映

(4)宮城県沖の陸寄りで繰り返し発生するひとまわり小さいプレート間地震(宮城県沖地震)の発生確率. ひとまわり小さいプレート間地震のうち、宮城県沖の陸寄りでは、一般に「宮城県沖地震」と呼ばれるマグニチュード7.1~7.4の地震が繰り返し発生したことが知られています。

宮城県の防災・安全のページです。 仙台市 仙台市の防災・緊急情報のページです。宮城県沖地震に関する情報や地震被害想定など、様々な情報が掲載されています。 秋田県 秋田県防災ポータルサイトです。 山形県 山形県の防犯・防災のページです。 福島県

また、1900年の宮城県北部の地震、1962年の宮城県北部地震、2003年宮城県北部の地震では、宮城県北部を中心に震度6強~5弱の強い揺れが生じ、被害がありましたが、これらの地震に対応する活断層は見つかっていません。

[PDF]

4.想定宮城県沖地震を対象とした被害想定 地震調査研究推進本部地震調査委員会は、次の宮城県沖地震が今後30 年間に99%の確率で発 生すると評価しており1)、地震動の予測も行っている2)。また、宮城県3)や仙台市4)においても、 地震動の予測や想定地震動

宮城県沖地震は、1978年6月12日の発生から41年となった。政府の地震調査委員会が今年2月、次の宮城県沖地震が30年以内に発生する確率を「50

[PDF]

・第4 宮城県の地震被害 ・第5 東日本大震災の地震の概況 想定される地震の設定と対策の基本的考え方 ・第2 想定される地震の考え方 ・第3 地震被害想定について

1978年宮城県沖地震の概要

この記事では、宮城県における地震・津波災害、風水害、土砂災害の特徴を整理し、それぞれの災害についての対策のポイントを紹介します。災害への備えは、地域ごとの地理的特徴と社会特性を知り、災害の種類ごとにどんな影響がおきるのかを正確に把握するところからスタートします。

2003年の宮城県沖の地震(M7.1)や宮城県北部の地震(M6.4)、2005年の宮城県沖の地震(M7.2)のように県外の周辺地域で発生する地震によっても被害を受けることがあります。

[PDF]

東南海・南海地震に係る被害想定手法について 1.建物被害 1)揺れによる建物被害の想定 揺れによる建物全壊・半壊棟数(市町村単位) 想定項目(アウトプット) 「全壊」の定義は、自治体の罹災証明における判別定義に従う。

内閣府の「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」の平成24年8月29日発表の被害想定(第一次報告)と、平成25年3月18日発表の被害想定(第二次報告)に基づく南海トラフ巨大地震の都道府県別の被害想定から、死者数、負傷者数、要救助者数、避難者数を掲載しました。

[PDF]

宮城県 岩手県 青森県 0 5 10 15 20 25 30 35 40 茨城県 福島県 宮城県 岩手県 (出典)・想定3地震の津波高:日本海溝・千島海溝周辺型地震対策に関する専門調査会想定結果 青森県 4 浸水範囲と痕跡 被害想定と今回の津波の浸水高、遡上高の比較

想定した地震について 宮城県沖地震(単独型)によるもの 宮城県沖の日本海溝沿いのプレート境界を震源域とする地震です。県内で大きな被害がでた1978年の宮城県沖地震と同様の場所と規模と考えていま

[PDF]

3 都道府県による地震被害想定結果(概要) 76 ②主な被害想定結果図面(以下は全て想定宮城県沖連動地震)(その2) 上水道管被害箇所(単位:箇所) (出典:岩手県地震・津波シミュレーション及び被害想定調査に関する報告書(概要版) 平成16年11月)

[PDF]

宮城県沖地震(連動型)を想定した場合の被害想定調査結果(概要) 留意事項 本調査結果は県全体の被害傾向を把握する観点から作成したものであり、数字は四捨五入により概数で示した。

想定した地震について 宮城県沖地震(単独型)によるもの 宮城県沖の日本海溝沿いのプレート境界を震源域とする地震です。県内で大きな被害がでた1978年の宮城県沖地震と同様の場所と規模と考えていま

[PDF]

3 都道府県による地震被害想定結果(概要) 76 ②主な被害想定結果図面(以下は全て想定宮城県沖連動地震)(その2) 上水道管被害箇所(単位:箇所) (出典:岩手県地震・津波シミュレーション及び被害想定調査に関する報告書(概要版) 平成16年11月)

[PDF]

1-5 地震、津波の被害想定 5-5-1 津波及び想定宮城県沖連動地震に係る被害想定調査(平成15~16年度実施) 岩手県では、県沿岸域について、平成15~16年に津波及び想定宮城県沖連動地震に係る被害想定

地震防災マップの種類. 高い確率で起きるといわれている宮城県沖地震をはじめ、近い将来想定される地震について、次の5つのタイプを想定し、それぞれに「揺れやすさマップ」と「地域の危険度マップ」を作成しました。 宮城県沖地震(単独型)(pdf:1

クリックして Bing でレビューする1:11

Nov 23, 2008 · 宮城県が平成16年に策定した第3次地震被害想定調査(宮城県沖地震)の結果による津波浸水域予測図をシミュレーション化したものです。 この

著者: JET Matsu
[PDF]

被害想定. 1. 想定される災害 三沢市で想定される巨大な地震・津波による被害としては、 表 1 に示すものが挙げられる。 津波浸水深、海岸津波高、及び震度の想定結果から、三沢市において最も被害が大きくなると考えられる地

[PDF]

地震被害想定について 平成16年11月12日 中部大学非常勤講師(防災工学) 応用地質株式会社技術参与 松澤 宏 平成16年11月12日 日本応用地質学会東北支部H16年度シン

[PDF]

地震被害想定調査を実施しました。東海地震による山梨県への影響について科学的に把握し、効果的な 地震対策へ反映させるための基礎的資料を作成することにより、県及び県下の自治体を始めとする防災

奈良県は内陸のため津波による被害は当然出ようがないが、地震だけの被害でも未曽有の大災害となる。 奈良県の南海トラフの被害想定. 奈良県内での被害想定は以下の通りだ。

「宮城県沖の連動地震(想定震度6強)」 全壊数:約10,500棟 死者数:約860人 . 過去の地震の被害. 過去に宮城県を襲った大きな地震でどのくらいの被害が出たのかというと、以下のような数になっていま

県における南海トラフ巨大地震等に伴う被害想定について. 2019年5月13日. 県としての新たな「津波浸水想定」の設定について. 2019年5月13日. 宮崎県津波浸水想定における浸水開始時間予測について. 2019年5月13日. 内閣府が公表した「南海トラフ巨大地震」の

震源の深さや発震機構が異なるため、地震調査研究推進本部は地震調査委員会で想定している宮城県沖地震とは異なるとしている 。 この地震は被害が少なかった。ただ、北海道・東北地方・関東地方など、広い範囲で揺れを感じた。 被害. 死亡者なし。

[PDF]

作成したマップ(想定した地震) ①「宮城県沖地震(単独型)」によるもの 宮城県沖の日本海溝沿いのプレート境界を震源域とする地震です。県内で大きな被害がでた 1978年の宮城県沖地震と同様の場所と規模で考えています。

地震防災マップの種類. 高い確率で起きるといわれている宮城県沖地震をはじめ、近い将来想定される地震について、「揺れやすさマップ」と「地域の危険度マップ」、それぞれ5つのタイプを想定し作成しま

平成25年度沖縄県地震被害想定調査について 沖縄県では、平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災を踏まえ、最新の科学的知見や情報に基づき、県内における大規模な地震・津波発生に伴う被害想定調査の見直しを実施し、地域の危険性を総合的、科学的

宮城県金華山沖を震源とする地震は宮城県沖地震と呼ばれ、、右の図 my-1のグラフおよび表 my-1(地震調査研究推進本部 地震調査委員会)に示すように、1793年以降平均約37.1年の活動周期で発生してい

[PDF]

4.1.2 被害想定手法 上水道の被害想定の流れは、図4.1-2のとおりである。 図4.1-2 上水道の被害想定フロー (1) 物的被害の想定手法 埼玉県は、中央防災会議が整理した阪神・淡路大震災を含む既往の被害地震

宮城県沖地震(単独型)による「地域の危険度マップ」 (9.8M) 宮城県沖の日本海溝沿いのプレート境界を震源域とする地震です。県内で大きな被害がでた1978年の宮城県沖地震と同様の場所と規模と考

1962年(昭和37年)4月30日11時26分24秒、宮城県北部で発生した地震。震源は、宮城県登米郡(現:登米市)迫町付近(北緯38度44.4分、東経141度8.3分)で、震源の深さは19km、地震の規模を示すM

[PDF]

佐賀県地震被害等 予測調査検討委員会 (2)被害予測手法と結果 (委員会提出資料の抜粋) 平成26年12月24日 消防防災課 資料2-1 2 地震に随伴する自然災害の想定 ※地震動については、平成26年度に実施しているので本資料では省略。

南海トラフ地震の被害想定に関する朝日新聞デジタルの特集ページです。お住まいや仕事場などの市区町村を選ぶと、予想される最大震度や最

この被害想定を基に、山形・宮城両県、関係市町及び関係機関からなる蔵王山火山防災協議会が、平成29年1月に火山防災マップ[*2]を作成しました。

平成24・25年度青森県地震・津波被害想定のポイント(pdf:0.6mb) 平成24・25年度青 森県地震・津波被害想定調査説明資料(pdf:15.4mb) 平成24・25年度青 森県地震・津波被害想定調査報告書[概要

[PDF]

2005年8月16日宮城県沖の地震の評価 8月16日11時46分頃に宮城県沖の深さ約40kmでマグニチュード(M)7.2(暫定)の地 震が発生した。この地震により宮城県で最大震度6弱を観測し、被害を伴った。また、

[PDF]

震・津波被害想定調査(青森 県) M9.0 1,595 万t 02 内陸直下型地震 M6.7 235 万t 03 日本海側海溝型地震 平成27 年度青森県地震・津 波被害想定調査(青森県) M7.9 318 万t 04 択捉島沖の地震 日本海溝・千島海溝周辺海溝 型地震に関する専門調査会

宮城県沖地震 (1978年)(みやぎけんおきじしん (1978ねん))は、1978年(昭和53年)6月12日の17時14分25秒()に発生したマグニチュード7.4(Mw7.5 )の地震。 最大震度は仙台市などで観測した震度5(強震)であり、東京でも震度4(中震)を記録した。 平均37.1年の間隔で 複数回起きた宮城県沖地震

[PDF]

11 (単位:戸) 項目 三重県 (過去最大) 岩手県 宮城県 兵庫県 災害公営住宅 9,431 5,771 15,920 25,421 三重県「三重県地震被害想定調査結果」、岩手県「災害公営住宅の進捗状況(平成27年9月30日

2.5 都道府県の被害想定一覧 いくつかの自治体では地震の被害想定調査が実施されています。 想定されている地震は、過去の地震の再来や実際に存在する活断層が活動したときの地震など、具体的な地震がほとんどであり、被害想定とはひとたび想定した地震が発生するとどのような被害が発生

[PDF]

対象地震は、平成16年に「岩手県地震・津波シミュレーション及び被害想定調査」で 被害想定を実施している明治三陸地震、昭和三陸地震及び想定宮城県沖連動型地震とし ます。 . (4)減災目標. 被害想定を実施している明治三陸地震、昭和三陸地震及び