LHD

奄美 世界遺産 推薦書 – 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に係る推薦書…

政府が世界遺産登録推薦書をユネスコ世界遺産センターに提出。 平成29年3月: 環境省が,世界遺産登録の前提となる奄美群島国立公園を指定。 平成29年10月: ユネスコの諮問機関であるiucn(世界自然保護連合)による推薦地の現地調査を実施。 平成30年5月

「奄美・沖縄っていつ世界自然遺産登録されるのかな」と感じている方。「奄美・沖縄」は世界自然遺産登録に向けて、ユネスコへ推薦書を提出しました。

極めて多様かつ特異な価値を有する推薦地の自然環境を将来にわたり適正に保全・管理していくことを目的として、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産推薦地包括的管理計画(以下、「管理計画」という。

2019年2月1日に、日本政府は奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産(以下、「奄美・琉球世界自然遺産」)について推薦書を提出しました。 しかし、推薦書の内容には、自然保護の立場か

環境省が設置している「奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会」がまとめている「奄美・琉球 世界自然遺産推薦書(ドラフト案)」が公開されていますので、ぜひご覧になられてください。

世界自然遺産登録に向けた推薦書の提出について. 平成31年2月1日(パリ現地時間)、政府が「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産候補地」の推薦書を、ユネスコ世界遺産センター事務局へ提出しました。

政府は1日、世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の推薦書を、パリの国連教育科学文化

「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(通称:世界遺産条約)に基づく「世界遺産一覧表」への記載に向け、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」推薦書について、2月1日(金)(現地時間)に世界遺産条約の事務局であるユネスコ世界遺産センターへ提出しましたので

20年の世界遺産登録から1国1件に制限されたためで、菅氏は「奄美・沖縄」を推薦地域とした理由について「自然遺産の候補案件は優先的に審査

01-2 世界自然遺産推薦書及び管理計画の検討体制.pdf 02 世界自然遺産推薦に向けた取組の進め方について.pdf 03 第1回科学委員会の管理計画に対する主な指摘事項.pdf 04-1 包括的管理計画(素案)からの主な修正点.pdf 04-2 包括的管理計画(案).pdf

政府は19日、世界遺産候補の「奄美 奄美・沖縄を世界遺産に推薦 政府決定、18年夏の登録目指す 20日に閣議了解し、2月1日までに推薦書を

ユネスコ世界遺産センターに提出した推薦書では約1000ページを割いて包括的管理計画を説明したが、「土地所有者や利用者の推奨地の戦略的及び日常的な管理への参画等を進めること」や「主要な観光地域において適切な観光管理メカニズムや観光管理施設

政府は、世界自然遺産の登録を目指す「奄美・沖縄」について推薦書をユネスコに提出しました。 政府は1日、世界自然遺産の登録に向けて

世界自然遺産登録に向けた取組み. 世界自然遺産登録に向けて、国、県、市、奄美群島広域事務組合は、課題解消のため様々な取組を行ない、先人が残してくれた貴重な宝としての自然(豊かな山や海)を保護しながら未来の子供たちへ残し、あわせて、持続的な観光振興にもつなげていきたい

2018年5月15日、日本政府が世界遺産一覧表への記載を推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(以下、「奄美・琉球諸島」と言う)」に関して、iucn(国際自然保護連合)の評価書がunesco世界遺産センターのウェブサイトにて公表された。

政府は22日、2020年にユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島

政府は1月22日、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(鹿児島・沖縄)」を2020年の世界遺産委員会に推薦することを閣議了解しました。また、文化庁の文化審議会は23日、2019年度の世界文化遺産推薦候補の選定について「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・秋田・岩手

5月3日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」と同じく世界遺産登録を目指す、自然遺産の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島

ユネスコ世界遺産センターへ推薦書(正式版)を提出: 2017年夏~秋頃: 世界遺産委員会の諮問機関(国際自然保護連合(iucn))による現地調査・評価 2018年6月 : 世界遺産委員会の「記載延期」の勧告を受けて推薦書を取り下げを決定。新たに2020年の登録を

トップページ > 会見・発表・広報 > 報道発表 > 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」及び「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産推薦に係る推薦書(正式版)のユネスコへの提出

政府は2日までに、世界遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」と「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の正式

本日の閣議において、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産登録推薦書(正式版)のユネスコへの提出が了解されましたので、お知らせします。

2.世界遺産登録に向けた今後のスケジュール 平成29年2月1日まで ユネスコ世界遺産センターへ推薦書(正式版)を提出 平成29年夏~秋頃 世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合(iucn)による

【東京】菅義偉官房長官は2日の会見で、世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)を2020年の世界遺産登録審査に向けた推薦候補とすることを決定したと発表した。19年2月1日までに閣議了解を経て、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書

本31日,外務省において世界遺産条約関係省庁連絡会議が開催され,我が国として「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(通称:世界遺産条約)に基づく「世界遺産一覧表」への記載に向け,「富岡製糸場と絹産業遺産群」の推薦書(正式版)を提出することを決定しました。

政府は1日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出していた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産登録推薦を取り下げ、2019年2月までに推薦書を出し直すと発表した。奄美の関係市町村長や地元民間有識者らの

[PDF]

1.c.遺産 ¡ 奄美・琉球 1.d.緯度経度 緯度経度 中心N 25°46′35″,E 127°10′41″ ※構成要素4 地域の緯度経度等は下記の別表に示す。表は推薦区域が確定後に作成。 推薦地の「奄美・琉球」は、日本列島の九州南端から台湾の間に、約1200km にわたって弧

世界遺産には、自然遺産、文化遺産、複合遺産の3種類があり、「奄美・琉球」は今、この世界自然遺産登録に向けて準備を進めています。世界自然遺産の登録基準世界自然遺産として登録されるためには、

政府は「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に関し1日、閣議で国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に申請していた推薦書をいったん取り下げることを了解した。

[PDF]

奄美の世界自然遺産登録に向けて 129 発規制が課され、林業はできない。国と同社の協議を経て、最終的に、奄美 大島の世界遺産推薦地内の約4000haの社有林について、国が3分の2、県 が3分の1を買い上げて、国立公園・公有地として厳格に保護を図ること

政府は1日、2020年の世界自然遺産登録に再挑戦する「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)の推薦書をフランス

政府は17日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、2020年の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)世界自然遺産の登録に向けて、「奄美大島

政府は1日、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)を2020年の世界自然遺産に登録するための推薦書を国連教育

政府は、2020年に登録される世界遺産に、日本からは「奄美大島・徳之島・沖縄島北部及び西表島」を推薦することを決定した。 菅官房長官

政府は2018年11月2日、いったん推薦を取り下げていた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の再推薦を決定。2019年2月1日までに正式な推薦書を提出し、2020年に開催される世界遺産委員会で登録の可否が審議される運びになった。

[PDF]

西表島世界遺産だよりを発行します 西表島は、沖縄島北部(やんばる)、奄美大島、徳之島とともに世界自然遺産の推薦候補地になってい ます。この「西表島世界遺産だより」では、西表島の豊かな自然を守り、地域をよりよくしていくため

世界自然遺産への登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)について、中川雅治環境相は29日の閣議後の

環境省は2017年2月に琉球・奄美の世界自然遺産登録の推薦書をユネスコに提出しました。 その推薦書の問題について指摘したレポート「北部訓練場なき『やんばる』:奄美・琉球の世界自然遺産登録に関する問題」を9月12日にリリースし、環境省那覇自然環境事務所、沖縄県知事、東村長

環境省は4日、ユネスコの諮問機関であるIUCNが「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録について評価結果を勧告し、推薦書の見直しを求める「登録(記載)延期」だったと発表

鹿児島の奄美大島・徳之島、沖縄県の沖縄島北部・西表島を含む「奄美・沖縄」の世界自然遺産登録を見据え、各エリアの個性をナビゲートします。美しい海や豊かな森といった自然はもちろん、各種体験や食文化など多彩な情報をお届けします。

世界遺産の最新情報をお届けする「世界遺産ニュース」02月14日版です。2013年1月、政府は日本の世界遺産暫定リストへの「奄美・琉球」の記載を決め、unesco世界遺産センターへの推薦書提出を決めま

政府は1日、世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の推薦書を国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ提出した。ユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)が今年夏から秋ごろに現地

nacs-jのプレスリリース(2018年5月18日 09時00分)[奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島]の世界遺産推薦に関する iucn評価書についての声明

[PDF]

我が国が世界遺産一覧表への記載を推薦している「奄美大島、徳之島、沖 縄島北部及び西表島」について、5月4日、世界遺産委員会の諮問機関 (iucn)の評価結果がユネスコから通知された。

月内にユネスコ世界遺産センターに暫定版推薦書を提出、推薦書の正式版は2012年2月1日までに提出、現地調査や諮問機関による審議を経て、2013年のユネスコ世界遺産委員会で登録の可否が審議されるこ

[PDF]

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島 世界遺産一覧表記載推薦」の評価に関する意見書 イリオモテヤマネコの保全からみた 西表島の推薦に対する意見 2017 年9月 認定npo 法人 トラ・ゾウ保護基金(jtef) jtef 西表島支部 やまねこパトロール

推薦書には、現在の奄美大島における主要観光施設の受け入れ客数、今後の見込み客数が記されている。適正人数を超えた人々が訪れることになると、世界自然遺産の根拠となる自然自体が破壊されかねな

来年の審査から1国1件しか推薦がされない中、奄美・琉球の世界自然遺産の再推薦がされたことを大変嬉しく思う。 昨年、推薦取下げが決まって以降、iucnの勧告事項について関係者と一致団結して対応を進め、確実かつ早期な登録を要望してきた。

仕切り直しとなる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録に向けては、米軍北部訓練場跡地(沖縄本島)の森林地帯

平成30年の世界遺産登録を目指し取組みを行っている「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」について,ユネスコの諮問機関であるiucnから評価結果及び勧告が通知されました。

【東京】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は4日(現地時間3日)、政府が世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)について、推薦書の抜本的な改定を求め「登録延期」を勧告した。政府が4日発表した。

奄美・沖縄世界遺産、再推薦への選択肢. 4島同時が果たして得策か、抜本的な練り直しを. 松田裕之 横浜国立大学大学院環境情報研究院教授、Pew

[PDF]

【推薦書提出の前年9月まで】 ユネスコ世界遺産センターへの推薦書提出 【毎年2月1日まで】 世界遺産委員会諮問機関(iucn)による現地調査及び評価 【推薦書提出年夏頃】 世界遺産委員会における審議(記載の可否決定) 【毎年6、7月頃】 「奄美・琉球

今般、世界遺産条約に基づく2020年の世界遺産委員会における世界遺産登録審査に向けて、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」世界自然遺産候補地を、政府としての今年度の推薦候補とすることが決定されました。

政府は1日、2020年の世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の推薦書を、パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部に提出した。

世界文化遺産への登録を目指して、政府は、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の推薦書をユネスコに提出することになり

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が10月5日から始まっています。 IUCNから現地調査に派遣される委員に、環境省がユネスコに提出した推薦書やその後の対処についてのNGOからの評価と提言書を、この問題に

平成31年1月22日 林野庁 本日の閣議において、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産登録推薦書のユネスコ世界遺産センターへの提出が了解されましたので、お知