LHD

地域医療介護総合確保基金 – 地域医療介護総合確保基金について

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療保険> 医療と介護の一体的な改革> 地域医療介護総合確保基金(平成30年度). 地域医療介護総合確保基金(平成30年度)

[PDF]

地域医療介護総合確保基金を活用した介護施設等の整備 1.地域密着型サービス施設等の整備への助成 可能な限り住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域密着型サービス施設・事業所等の整備(土地所有者(オーナー)が施設運

2014年6月に成立した医療介護総合確保推進法(正式名称:地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律)に基づき、消費税の増収分を活用して各都道府県に設

地域医療介護総合確保基金は、地域における医療及び介護の総合的な確保のための事業を実施するため、この基金を造成していることから、終了する時期を設定していません。 基金事業の目標. 医療介護総合確保促進法に基づく岩手県計画に記載しています。

地域医療介護総合確保基金とは、2014年に制定された「医療介護総合確保推進法」において、新たな基金の創設と医療・介護の連携強化を目的として確立された財政支援制度のことです。地域医療介護総合確保基金は、2025年にピークとなる日本の深刻な高齢化に備え、さらに必要性の高まる医療

地域医療介護総合確保基金について 地域医療介護総合確保基金(介護施設等の整備に関する事業) 地域医療介護総合確保基金を活用し、地域密着型サービス施設・事業所等の整備及び開設に係る費用について助成を行っております。

[PDF]

地域医療介護総合確保基金の概要 国では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、「医療・介護サービス の提供体制の改革」が急務の課題であることから、消費税増収分を財源として、新 たな財政支援制度が平成26年度に創設された。

地域医療介護総合確保基金. 団塊の世代が75歳以上となる2025年を展望すれば、病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進、医療・介護従事者の確保・勤務環境の改善等、「効率的かつ質の高い医療提供体制の構築」と「地域包括ケアシステムの構築」が

2対象事業

更新日:2019年3月29日. 地域医療介護総合確保基金 . 地域医療介護総合確保基金について 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて「効率的かつ質の高い医療提供体制の構築」と「地域包括ケアシステムの構築」が急務であることから、平成26年6月に「医療及び介護の総合的な確保の促進に

医療介護総合確保促進法に基づく福島県計画について. 国では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年(平成37年)に向けて、「医療・介護サービスの提供体制の改革」が急務の課題であることから、平成26年6月に「地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律」(医療介護総合

「地域医療介護総合確保基金」って? 地域医療介護総合確保基金の説明をするには、「医療介護総合確保推進法」を簡単にでも知ることが大切になりますので、ここでは少しだけ「医療介護総合確保推進法」についてを説明させていただきます。 「医療

[PDF]

地域医療介護総合確保基金(医療分)に係る静岡県計画事業(予定) (単位:千円) 中項目 小項目 基金事業名(国提出用) 事業概要等 担当課 h30計画 h31計画 備考

[PDF]

地域医療介護総合確保基金(医療分)について ア これまでの分野別、地域別の活用状況について (ア) 分野別活用状況 a 当基金における事業の分野 事業区分Ⅰ:地域医療構想の達成に向けた医療機関の施設又は設備の整備 に関する事業

[PDF]

地域医療介護総合確保基金とは 団塊の世代が75歳以上となる2025年を展望すれば、病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進、医療・介護従事者の確

平成30年度地域医療介護総合確保基金(介護分)計画 (厚生労働省のホームページへリンク) 平成29年度「地域医療介護総合確保基金」(介護分)の状況について 介護従事者 確保に関する事業について、提案(アイデア)を募集しました。

[PDF]

本事業は、地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律(平成元年 法律第64号。以下「法」という。)第6条に基づき、東京都地域医療介護総合確保基金 条例(平成26年条例第179号)により、東京都(以下「都」という。

団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)に向け、医療・介護サービスの提供体制改革を推進するため、消費税増収分を活用して設置した「地域医療介護総合確保基金」を財源として、医療介護総合確保法に基づき県が計画した事業を行うものです。

「医療介護総合確保推進法」はわかりやすく説明すると、少子高齢化の進む現代の日本の社会保障制度を維持するために、医療や介護の提供体制を整え、地域における医療と介護の総合的確保を目指したも

長野県地域医療介護総合確保基金事業(介護施設等整備分)補助金. 定員29人以下の地域密着型特別養護老人ホーム等の整備に関する県の補助制度です。 交付要綱等(令和元年8月5日改正) 交付要綱(pdf:267kb) 別表(pdf:381kb) 様式(エクセル:85kb)

宮城県地域医療介護総合確保事業(医療分)補助金. 地域医療介護総合確保基金事業(医療分)を実施する際に使用する申請様式等につきましては,以下よりダウンロードして使用してください。 交付要綱<令和元年11月27日改正>

【要綱等】 長崎県地域医療介護総合確保基金事業補助金実施要綱[Wordファイル/69KB]. 長崎県地域医療介護総合確保基金事業補助金(介護施設等の整備に関する事業)実施要領[Wordファイル/127KB]. 要領様式[Excelファイル/161KB] 長崎県社会福祉施設整備事業の適性化に関する要綱

Jun 30, 2017 · 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進、医療・介護従事者の確保・勤務環境の改善等、「効率的かつ質の高い医療提供体制の構築」と「地域包括ケアシステムの構築」が急務となっています。

[PDF]

地域医療介護総合確保基金 介護人材確保対策事業メニュー表 別紙1 大項目 中項目 No. 小項目 事業内容(例) 資質の向上 12 認知症ケアに携わる人材の育成のための研修事業 介護サービス事業所の管理者等に対する、必要な知識や技術を修得するための研修

[PDF]

平成31年度 地域医療介護総合確保基金(医療分) 事業提案の反映 ※区分Ⅰ:病床機能分化・連携推進、Ⅱ:在宅医療推進、Ⅳ:医療従事者等確保 ※「H31計画」の( )内は基金事業充当額中の提案対応分にかかる内数 (単位:千円) No.区分 提案団体 区分

医療及び介護の総合確保について. 国では、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に向け、地域において急性期から在宅医療・介護までの一連のサービスを総合的に確保するため、医療・介護サービスの提供体制改革を進めています。

[PDF]

【要件】介護ソフトは介護記録、情報共有、請求業務が一気通貫であること 等 【補助額】(1事業所あたり)対象経費の1/2以内(上限30万円) 介護事業所に対する業務改善支援事業 ICT導入支援事業 地域医療介護総合確保基金(介護分)を活用した

愛知県地域医療介護総合確保基金事業(介護従事者確保分)のうち、以下の6事業について、令和元年度分補助金交付申請の受付けを開始します。 1 介護の普及啓発事業費補助金 2 介護人材資質向上事業費補助金(外国人介護留学生学習支援事業費補助金を

[PDF]

「地域医療介護総合確保基金」の現状と課題 - 29 - どのような種類の事業が実施されているのかを確認する。それにより,地域医療介護総合確保基金の性格 を明確化し、地域医療介護総合確保基金の課題と今後の方向性についての検討を行う。

群馬県地域医療介護総合確保計画[PDF]

地域医療介護総合確保基金(医療分) 544 904 904 904 934 353 392 422 442 473 地域包括ケアシステムの構築 43 地域医療介護総合確保基金(介護分) 724 724 724 724 介護職員の処遇改善等 1,051 1,196 1,196 1,196 236 390 429 434 612 612 612 612 612

法律の改正により、各種の政策が実行されていくことになりますが、このページでは、 「病床の機能分化・ 連携」、「在宅医療・介護サー ビスの 充実」、 「医療従事者の確保・ 養成」を進めるために、消費税増収分等を財源とする 「地域医療介護総合

地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するため、本県では、平成26年度から地域医療介護総合確保基金を設置し、地域医療構想の達成に向けた医療機関の施設・設備の整備に関する事業をはじめとして、居宅等における医療の提供に関する事業、介護施設等の整備に関する事業、医療

群馬県では、群馬県地域医療介護総合確保計画を策定し、医療介護提供体制改革推進交付金などの国の交付金と群馬県の一般財源を財源として造成した群馬県地域医療介護総合確保基金を活用して、介護従事者の確保に関する事業など、各施策を進めることとしています。

[PDF]

岡山県地域医療介護総合確保基金事業(管理者等に対する 雇用管理改善方策普及・促進事業等分)実施要綱 (通則) 第1条 岡山県地域医療介護総合確保基金を活用して行う介護従事者の確保に関

群馬県地域医療介護総合確保計画. 効率的で質の高い医療提供体制を構築するとともに、地域包括ケアシステムを構築することを通じ、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するため、本県では、群馬県地域医療介護総合確保計画を策定し、各施策を進めることとしています。

東京都地域医療介護総合確保基金事業(介護分) 要綱; 地域密着型サービス等整備助成事業; 介護施設等の施設開設準備経費等支援事業; 定期借地権設定のための一時金の支援事業

基金事業を終了する時期 地域医療介護総合確保基金は、地域における医療及び介護の総合的な確保のための事業を実施するため、この基金を造成していることから、終了する時期を設定していません。 新潟

大阪府介護施設等の整備に関する事業補助金交付要綱(大阪府地域医療介護総合確保基金事業) 補助金交付要綱 [Wordファイル/60KB] 補助金交付要綱 [PDFファイル/286KB] 補助対象事業 (1) 地域密着型サービス等整備補助事業

医療及び介護の総合確保について. 国では、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に向け、地域において急性期から在宅医療・介護までの一連のサービスを総合的に確保するため、医療・介護サービスの提供体制改革を進めています。

令和2年度地域医療介護総合確保基金に係る事業提案の募集について(令和元年6月5日付け健福第320号)(pdf:65kb) 地域医療介護総合確保基金に係る事業提案の募集について(pdf:134kb) 事業提案作成要領(pdf:110kb) 事業例一覧(医療分)(pdf:121kb)

県では、平成26年6月に成立した「地域医療介護総合確保推進法」に基づき設置した地域医療介護総合確保基金(介護分)を活用し、労働環境や処遇改善等の事業をすすめているところです。

具体的には、在宅介護を含め、適切な医療需要の将来推計に基づく医療提供体制の構築や、地域で医療、介護、予防、生活支援等を切れ目なく提供する「地域包括ケアシステム」の構築のため、「地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する

地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律(平成元年法律第64号)第6条に基づく、高知県地域医療介護総合確保基金を活用して実施する事業です。事業の実施にあたっての条件は国が示す基金管理運営要領に定められています。

団塊の世代が後期高齢者となる2025(令和7年)に向けて、医療・介護サービスの提供体制を改革するため、医療介護総合確保促進法に基づき神奈川県計画を策定し、消費税増収分を財源として活用した「地域医療介護総合確保基金」を設置し、計画に位置づけた事業を実施していきます。

鳥取県地域医療介護総合確保基金を活用した事業展開を図り、鳥取県地域医療構想で掲げる病床の機能分化・連携、在宅医療・介護サービスの充実及び医療従事者等の確保・養成を進めます。

地域医療介護総合確保基金(介護分)の造成について. 地域医療介護総合確保基金(介護分)の造成を、次のとおり行いました。 造成日 平成31年3月29日 造成内容 ページ右側の関連ファイルをご覧ください。

基金を充てて実施する事業の範囲については、「地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針」(平成26年厚生労働省告示第354号)第4の二に定める以下の事業が対象とされています。

地域医療介護総合確保基金を活用し、地域密着型サービス施設・事業所等の整備及び開設に係る費用について助成を行っております。 ※補助対象施設・補助単価等については下記交付要項【別表1参照】 2.介護施設等の施設

那覇市地域医療介護総合確保基金事業補助金について; スプリンクラー設備等の整備に係る補助金活用の意向確認及び協議書の提出について; 地域介護・福祉空間整備等施設整備補助金について

[PDF]

平成31(2019)年度地域医療介護総合確保基金事業一覧表(医療分) ☆:新規事業 1 地域医療構想の達成に向けた医療機関の施設又は設備の整備に関する事業 27,329 352,129 病床の機能分化・連携を推進するための基盤整備

地域医療介護総合確保基金 介護人材確保対策事業メニューについては、次のとおり厚生労働省から示されています。 平成27年12月22日 全国介護保険・高齢者保健福祉担当者会議資料 長寿社会課ホームページ内の掲載ページに移動します。

熊本県庁 〒862-8570 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号 Tel:096-383-1111(代表)

岡山県地域医療介護総合確保基金事業費補助金(介護施設等整備分)について 印刷用ページを表示する 2016年11月10日更新 / 長寿社会課 介護施設等の整備に関する事業に関し、市町村が実施する場合、又は市町村が民間事業者に対し実施する補助事業に対し

横倉義武会長は9月21日、釜萢敏常任理事と共に厚生労働省を訪れ、加藤勝信厚労大臣(当時)と会談。地域の実情に合わせた地域医療介護総合確保基金(以下、基金)の柔軟な運用を求める要望書を提出した。 要望書の中

医療介護総合確保法に基づく三重県計画について 平成26年6月に「地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律(医療介護総合確保法)」が成立し、医療・介護サービスの提供体制改革のための新たな財政支援制度が創設されました。

地域医療介護総合確保基金は、地域における医療及び介護の総合的な確保のための事業を実施するため、この基金を造成していることから、終了する時期を設定していない。 基金事業の目標: 医療介護総合確保促進法に基づく栃木県計画のとおり。

[PDF]

2014 年に消費税増収財源による「地域医療介護総合確保基金」(以下、基金) 904 億円(医療分)が創設された。根拠法は「地域における医療及び介護の 総合的な確保の促進に関する法律」(以下、医療介護総合確保促進法)である。

地域医療介護総合確保基金(医療分)に係る事業提案の募集について 1 事業提案募集の趣旨 団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進、医師・看護師等の医療従事者の確保や勤務環境の改善など、「効率的かつ質の高い医療提供体制の構築」と

広島県地域医療介護総合確保事業実施要綱及び補助金交付要綱は,下記ファイルのとおりです。