LHD

原子力損害賠償廃炉等支援機構法 – 原子力損害賠償・廃炉等支援機構 東京電力ホールディングス …

サマリー

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構のWebサイトのトップページです。

Mar 29, 2019 · 経済産業省は、本年3月20日に、原子力損害賠償・廃炉等支援機構から申請のあった、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法に基づく一般負担金年度総額及び負担金率、平成30年度特別負担金額、平成30年度廃炉等積立金の額について、本日、申請のとおり認可しました。

[PDF]

損害の賠償に関する政府の支援の枠組みについて」の「具体的な支援の枠組み」は、その役割を終えたものと認識し、政府 はその見直しを行うこと。 原子力損害賠償支援機構法に対する附帯決議(衆・

なお、機構は平成26年8月に「原子力損害賠償支援機構法」の一部を改正する法律(「原子力損害賠償・廃炉等支援機構法」)の施行に伴い、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に改組され、廃炉等の適切かつ着実な実施の確保を図ることが目的に加えられた

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法に基づき、廃炉等技術委員会委員を任命しましたので、お知らせいたします。 2017年8月3日 第14回廃炉・汚染水対策福島評議会にて山名理事長より以下について説明しました。(平成29年7月31日)

※法改正により、2014(平成26)年8月に「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」。 機構による通常の資金援助. 原子力事業者が損害賠償を行ううえで機構の援助を必要とするときは、運営委員会の議決を経て、資金援助(資金の交付、株式の引受け、融資、社債

大規模な原子力損害が発生した場合において、原子力事業者の損害賠償のために必要な資金の交付等の業務を行うことにより、原子力損害賠償の迅速かつ適切な実施及び電気の安定供給等の確保を図ることを目的として、平成23年9月12日に原子力損害賠償支援機構が設立されました。

サマリー
[PDF]

事故炉の廃炉等に係る積立金制度の創設 ― 原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の一部を改正する法律案 ― 安藤 利昭 百瀬 孝文 (経済産業委員会調査室) 1.はじめに 2.賠償・廃炉支援と提出の経緯 (1)原子力損害賠償支援機構の設置と改組

[PDF]

原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、原子力損害の賠償 第一条 原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、原子力損害の賠償 に関する法律(昭和三十六年法律第百四十七号。以下「賠償法 に関する法律(昭和三十六年法律第百四十七号。以下「賠償法 」という。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構 廃炉支援部門 Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporation 法人番号 3010405009863

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法 原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連

主な内容: 原子力損害賠償・廃炉等支援機構の設置・組織
[PDF]

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の一部を改正する法律案 【原賠機構法】の概要 東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所(1F)事故から約6年が経過す る中、福島の復興・再生を一層加速していくため、「原子力災害からの福島復興の加速のた

[PDF]

今般の原子力損害賠償制度の見直しの経緯 ・原賠制度の見直しに関しては、平成23年の原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の成立時に、同法の附則(国会修正)や附帯 決議において、原賠法の見直しの検討

第二条 この法律の施行の際現にその名称中に原子力損害賠償・廃炉等支援機構という文字を用いている者については、この法律による改正後の原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(以下「新法」という。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の一部を改正する法律案に対する附帯決議 政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。 一 原子力損害賠償・廃炉等支援機構(以下「機構

[PDF]

原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律の概要 平成26年5月. 経済産業省. 東京電力福島第一原発の事故炉について、溶融燃料の取り出しや汚染水の処

平成24年度「原子力損害賠償の事例研究事業」として、原子力損害賠償紛争解決セン ターにおける和解実例や東京電力における賠償状況の分析等を行いました(委託先:原 子力損害賠償・廃炉等支援機構

[PDF]

今後、機構とともに詳細な検討を行ったうえで、主務大臣に原子力損害賠償・廃 炉等支援機構法第46条第1項で規定されている特別事業計画の変更の認定を申請す る予定です。 東京電力グループは、福島をはじめ被災者の方々が安心し、お客さまをはじめと

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法施行令(※電子政府の総合窓口 イーガブウェブサイトへリンク) 原賠adr時効中断特例法第二条の理由を定める政令(※電子政府の総合窓口 イーガブウェブサイトへリン

東京電力も、原子力保険プールによる損害賠償責任保険(①)に加え、政府補償契約(②)を締結していたが、今回の事故はそれらの賠償措置額

[PDF]

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(平成23年法律第94号。以下「機構法」という。) が改正され、東京電力は、廃炉等に必要な資金を原子力損害賠償・廃炉等支援機構 (以下「機構」という。)に廃炉等積立金として積み立てることが義務付けられた。

なお、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の附則において、原子力損害賠償の実施状況等を踏まえ、原子力損害の賠償に関する法律の改正等の抜本的な見直しを始めとする必要な措置を講ずるものとされて

さらに、原賠機構が、廃炉関係の業務を行うために法改正が行われ、2014年8月に名称を「原子力損害賠償・廃炉等支援機構(ndf)」へ変更し、国による指導・監視のもと、廃炉作業を着実に進めるための体制が構築されました。 根拠法令:原子力損害賠償

「原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の一部を改正する法律案」が閣議決定され、第193回通常国会に提出されます。本法律案は、事故炉の廃炉の確実な実施を確保するため、事故炉の廃炉を行う原子力事業者(以下、事故

[PDF]

厳しい状況下においても、東電は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(以下、「機 構法」という。)改正等による国の環境整備に甘えることなく、新々・総特に基づき、 グループ社員が一丸となって、福島への責任を貫徹するとともに、非連続の経営改

[PDF]

子力損害賠償・廃炉等支援機構に廃炉等積立金として積み立てた金額に相当する金額以下の 金額を損金経理の方法により特定原子力施設炉心等除去準備金として積み立てたときは、そ の積立額の損金算入ができるというものである(措法57の4の2①)。

[PDF]

原子力損害賠償法の改定の問題点 無限責任、無過失責任が維持された→これは評価 しかし、政府案(賠償の実施方針の作成・公表義務付け、仮払い貸付など)が抜本的な見直しか? 原子力損害賠償支援機構法案に対する附帯決議(衆議院)(抜粋)

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の業務方法書並びに財務及び会計に関する命令の一部を改正する命令(内閣府・文部科学・経済産業一) 2; 省令. 電気通信事業法施行規則等の一部を改正する省令(総務六

第一条 原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、原子力損害の賠償に関する法律 (昭和三十六年法律第百四十七号。以下「賠償法」という。)第三条 の規定により原子力事業者(第三十八条第一項に規定する原子力事業者をいう。以下この条及び第三十七条に

なお、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の附則において、原子力損害賠償の実施状況等を踏まえ、原子力損害の賠償に関する法律の改正等の抜本的な見直しを始めとする必要な措置を講ずるものとされて

[PDF]

① 組織名称を「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」に改称。 法目的に「廃炉等の適切な実施」を追加。 ② 廃炉等関係業務の意思決定機関として、「廃炉等技術委員会」 を法定するとともに、副 理事長を新設し、理事の人数を増加。 【業務関係】

日本大百科全書(ニッポニカ) – 原子力損害賠償・廃炉等支援機構の用語解説 – 大規模な原子力損害が発生した際に、原子力事業者が損害賠償をするために必要な資金を交付するとともに、廃炉等の適正かつ着実な実施の確保を図ることを目的とする機関。2011年(平成23)9月に設立された原子力

[PDF]

子力損害賠償・廃炉等支援機構に廃炉等積立金として積み立てた金額に相当する金額以下の 金額を損金経理の方法により特定原子力施設炉心等除去準備金として積み立てたときは、そ の積立額の損金算入ができるというものである(措法57の4の2①)。

[PDF]

原子力損害賠償法の改定の問題点 無限責任、無過失責任が維持された→これは評価 しかし、政府案(賠償の実施方針の作成・公表義務付け、仮払い貸付など)が抜本的な見直しか? 原子力損害賠償支援機構法案に対する附帯決議(衆議院)(抜粋)

(資料があります) (反対討論があります) 新たな東電救済策 批判 岩渕氏が反対討論 参院経済産業委員会は9日、東京電力福島第1原発事故の廃炉費用を託送料金(送配電網の使用料)に上乗せする原子力損害賠償・廃炉等支援機構法改定案を自民、民進、公明、維新の各党の賛成多数で可決

嶋田隆・前経済産業事務次官が、東京電力ホールディングス(hd)の筆頭株主である原子力損害賠償・廃炉等支援機構の

[PDF]

厳しい状況下においても、東電は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(以下、「機 構法」という。)改正等による国の環境整備に甘えることなく、新々・総特に基づき、 グループ社員が一丸となって、福島への責任を貫徹するとともに、非連続の経営改

[PDF]

法 施 行 に 当 た り 、 次 の 諸 点 に つ い て 適 切 な 措 置 を 講 ず べ き で あ る 。 一 原 子 力 損 害 賠 償 ・ 廃 炉 等 支 援 機 構 に お け る 廃 炉 等 積 立 金 制 度 の 運 営 に つ い て 、 廃 炉 等 積 立 金 の 額 の 決 定 、 廃 炉 等 実 施 認 定 事

「東日本大震災と原子力損害賠償制度」週刊金融財政事情No.2930(2011年5月16日号) 共著: 2011年3月 「平成22年度石油産業体制等調査研究(石油・天然ガスの資源開発法制に係る調査)に関する委託事業に係る調査報告書」 共著: 2010年10月

[PDF]

独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」とい う。)3条の規定に基づく開示請求に対し,平成28年6月30日付け平 280629総第1号により,原子力損害賠償・廃炉等支援機構(以下

東京電力ホールディングス(hd)は24日、福島第1原子力発電所事故の賠償資金として、原子力損害賠償・廃炉等支援機構から688億円の追加交付を

原子力発電施設等立地地域の振興に関する特別措置法施行令第八条第二項の額の算定に関する命令(平成18年内閣府・文部科学省令第1号) 原子力損害賠償・廃炉等支援機構の組織及び人事に関する命令(平成23年内閣府・文部科学省令第1号)

[PDF]

原子力事業に係る巨額の損害賠償が生じる可能性を踏まえ、原子力事業者に よる相互扶助の考えに基づき、将来にわたって原子力損害賠償の支払等に対応 できる支援組織(機構)を中心とした仕組みを構築

ndfは、2011年9月に原子力事業者の損害賠償のために必要な資金の交付等の業務をおこなうために設立された原子力損害賠償支援機構が、2014年8月に事故炉の廃炉等を支援する業務を追加し改組された、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法に基づく認可法人です。

内閣府、文部科学省、経済産業省、環境省、原子力損害賠償支援機構(平成26年8月18日以降は原子力損害賠償・廃炉等支援機構)、東京電力株式会社 検査の内容 東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況についての検査要請事項

原子力損害賠償・廃炉等支援機構 原子力損害賠償・廃炉等支援機構の概要 ナビゲーションに移動検索に移動原子力損害賠償・廃炉等支援機構Nuclear Damage Compensation

政府は事故から5カ月後の2011年8月に「原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(原賠機構法)」を施行して、遅まきながら「一般負担金」の名目で

本図表を掲載しているatomicaデータを参照するには下記をクリックして下さい。 原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の概要 (02-07-03-11)

[PDF]

しました。これに伴い、同機構の名称は「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」に変更され、法律名も「原子力損 害賠償・廃炉等支援機構法」に変更されました。 123456789123456789 第Ⅱ-6 エネルギー対

原子力損害賠償・廃炉等支援機構 原子力損害賠償・廃炉等支援機構では、原子力損害の賠償が迅速かつ適切に実施されることを目的として政府等の出資により設立された法人です。 無料電話相談(行政書士

[PDF]

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(平成23 年法律第94 号。以下「機構法」という。)が改正 され、東京電力は、廃炉等実施認定事業者として、廃炉等に必要な資金を原子力損害賠 償・廃炉等支援機構(以下「機構」という。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の口コミを掲載中。「中途採用が基本のため基本的にはojtだったが、ちゃんと組織に」などの口コミ満載。原子力損害賠償・廃炉等支援機構の60項目から企業を評価した企業分析レポートの情報や、年収・給料・ボーナス・勤務時間・採用・転職などの情報が

東京電力も、原子力保険プールによる損害賠償責任保険(①)に加え、政府補償契約(②)を締結していたが、今回の事故はそれらの賠償措置額

経済産業省は、本年3月20日に東京電力ホールディングス株式会社及び原子力損害賠償・廃炉等支援機構から申請のあった、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法に基づく廃炉等積立金の取戻しに関する計画について、本日、申請のとおり承認しました。

[PDF]

しました。これに伴い、同機構の名称は「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」に変更され、法律名も「原子力損 害賠償・廃炉等支援機構法」に変更されました。 123456789123456789 第Ⅱ-6 エネルギー対

この秋に始まった臨時国会では、入管法や水道法の議論の陰で、原発社会体制の復活の布石とも取れる原子力損害賠償法改正案が、11月21日、衆議院文部科学委員会で可決した。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構 (原子力損害賠償・廃炉等支援機構ホームページ) (4)法テラス宮城(日本司法支援センター) 法テラス宮城では,面談や電話により内容に応じた法制度や手続き,関係機関の相談窓口をご案内します。