LHD

事業場における治療と職業生活の両立支援 – 事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン …

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインについて(平成28年2月23日付け基発0223第5号健発0223第3号職発0223第7号)[pdf形式:1,295kb]

報道関係者各位 「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表します。 ~がんなどの疾病を抱える方々の治療と職業生活の両立を支援する企業に向けて~

治療と職業生活の両立支援に関するセミナーの開催 事業場関係者や産業保健スタッフ等を対象として、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」の解説や、具体的な取組方法について、セミナー、研修会を開催します。

厚生労働省が、「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」について、平成31年3月改訂版を公表しました。 従来の「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」か

May 23, 2018 · 肺がんと診断され、業務体制を調整しながら通院による治療と仕事の両立を目指す事例 ※最新版の「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」は、こちらをご覧ください。【厚生労働省】

治療と職業生活の両立支援ガイドラインの作成、公表. ガイドラインの構成. 平成. 28年2月、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表。 本ガイドラインは、事業場において、治療が必要な疾病を抱える労働者が、業務によって

<事業主の方へ> 厚生労働省は、平成28年2月に「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を定め、がん、脳卒中、心疾患、糖尿病、肝炎などの疾病を抱える労働者が治療を受けながら働き続けられるための取組を進めることを推進しています。

医療従事者も知っておきたい、事業場向けの新しいガイドライン

長野産業保健総合支援センターの治療と職業生活の両立支援のページです。病気を抱えながらも働く意欲のある労働者が、仕事を理由として治療機会を逃すことなく仕事を続けていけるように社会の仕組みを考えていく必要があります。それに対する事業場様・個人様向けのサービスをご紹介し

静岡産業保健総合支援センターでは、静岡労働局健康安全課と連携し、あらゆる機会を捉え、企業をはじめとして関係者に「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」を周知するほか、地域の関係者(都道府県衛生所管部局、医療機関

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン. それでは、実際に事業場においてがんに罹患した従業員が治療を受けながら仕事を継続するために、事業場でどのような支援制度を構築すればよいのかについて見ていきましょう。

治療と仕事の両立支援の推進に当たっては、平成28年2月に作成した「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン(以下「ガイドライン」という。

[PDF]

事業場における治療と職業生活の両立支援対策(以下「両立支援対策」という)について、地域の実 情に応じて効果的に進めるため、神奈川県内の関係者のネットワークを構築し、両立支援の取組の

平成28年2月に厚生労働省が示した「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を基に当センターでは平成30年1月から県内4か所の医系大学病院(北里大学病院、聖マリアンナ医科大学病院、東海大学医学部付属病院、横浜市立大学附属

[PDF]

配慮事項、両立支援を行うための職場環境整備(事業場 Ëの 体制づくり、規程・制度の整備等)への相談に対応します。 2 事業場への個別訪問支援 事業場における治療と職業生活の両立支援に取り組 もうとする事業者からの要請を受けて事業場を訪問し、

両立支援促進員による支援内容

昨日に引き続き乳がん治療と仕事との両立のお話です。 今年の2月に厚生労働省が「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表しました。このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を

2月23日に厚生労働省から発表された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」には、がんや脳卒中などの疾病を持つ労働者が、治療を行いながら職業生活と両立できるようにするための事業場の対応を取りまとめたもので、特に最後に「がん」についての留意事項が

以下は、厚生労働省策定の「事業場における治療と職業生活の両立のためのガイドライン」です。 がん、脳卒中、心疾患、糖尿病、肝炎などの治療が必要な疾病を抱える労働者に対して、事業場において適切な就業上の措置や治療に対する配慮が行われるよう、事業場における取組をまとめた

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン. 本ガイドラインは、がんなど治療が必要な疾病を抱える労働者が、業務によって疾病を増悪させることなどがないよう、事業場において適切な就業上の措置を行いつつ、治療に対する配慮が行われるようにするため、関係者の

詳細はこちら⇒【事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン 参考資料 肝疾患に関する留意事項】 両立支援をサポートするための連携. 治療と職業生活の両立支援を行うには、本人以外にも、下記関係者が連携することが重要です。

厚労省では、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」(平成28年)を作成しています。このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるようにするため

4.事業者等に対する啓発セミナー 事業者や産業保健スタッフ等を対象として、平成28年2月に厚生労働省から示された「事業場における治療と仕事(職業生活)の両立支援のためのガイドライン」の普及・啓発を目的としたセミナーを開催します。

治療と仕事の両立の支援にあたっての留意事項や準備事項、進め方をご案内するポータルサイトです。

治療と職業生活の両立支援を行うための環境整備について事業場において、がんに罹患した従業員に対する両立支援を迅速かつ適切に実施するためには、事業場全体でサポートするという風土づくりや、事業場内の休暇制度・勤務制度等の見直し・導入を検討する必要があります。

厚生労働省は、23日、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表した。同ガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中、心疾患、糖尿病、肝炎などの疾病を抱える労働者に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、

治療と職業生活の両立について(厚生労働省) 「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表します。(厚生労働省) 2. セミナー情報 埼玉県労働セミナー「ずっと活躍!職場での多様な働き方~がん患者等の仕事と治療の両立~」

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン . 受付終了. 掲載日:2018年08月29日

厚生労働省は平成28年2月に、疾病を抱えた労働者の、治療と職業生活の両立支援を推進するため、企業向けのガイドラインを作成・公表し、今般、ガイドラインの付属資料として、がんに加え脳卒中・肝疾患の方の治療と仕事の両立支援のための留意事項を追加した冊子『事業場における治療と

May 01, 2018 · 「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を中心に「企業・医療機関連携マニュアル」と「難病に関する留意事項」の普及を通じて、企業と医療機関の連携した取組の推進を図るとともに、難病と仕事の両立を図る方々を支援する関係者への

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインについて 厚生労働行政の運営につきましては、日頃から格別の御協力を賜り厚く御礼申し上げます。

[PDF]

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインについて 日医発第& & & & 号(地Ⅱ& & ) 平成& 年月日 日本医師会長 横倉 義武 近年、高齢化の進展等により、労働安全衛生法に基づく一般健康診断の結果、異常所見が認められ

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」 (厚生労働省/2016年2月23日) ~がんなどの疾病を抱える方々の治療と職業生活の両立を支援する企業に向けて~ 厚生労働省は、「事業場における治療と職業生活の両立支援

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン : 神奈川県川崎市で社労士(社会保険労務士)へのご相談なら当事務所へ社労士法人goalご相談ください。助成金や補助金の申請、就業規則の作成、コスト削減・業務効率化・長時間労働対策などの働き方改革、最新のクラウド型労務

[PDF]

「事業場における治療と職業生活の両立支 援のためのガイドライン」 概要と肝炎拠点病院での役割. 東海大学医学部基盤診療学系衛生学公衆衛生学. 立道 昌幸. 肝疾患診療連携拠点病院医師・責任者向け研修会

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を中心に「企業・医療機関連携マニュアル」と「難病に関する留意事項」の普及を通じて、企業と医療機関の連携した取組の推進を図るとともに、難病と仕事の両立を図る方々を支援する関係者への

Apr 06, 2016 · 昨日に引き続き乳がん治療と仕事との両立のお話です。 今年の2月に厚生労働省が 「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」 を公表しました。このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮

治療と職業生活の両立支援について、詳しくは厚生労働省の「 事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン 」が参考になります。両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成例も記載さ

厚生労働省は平成28年2月に、疾病を抱えた労働者の、治療と職業生活の両立支援を推進するため、企業向けのガイドラインを作成・公表し、今般、ガイドラインの付属資料として、がんに加え脳卒中・肝疾患の方の治療と仕事の両立支援のための留意事項を追加した冊子『事業場における治療と

「治療と仕事の両立支援」とは、病気を抱えながらも、働く意欲・能力のある労働者が、仕事を理由として治療機会を逃すことなく、また、治療の必要性を理由として仕事の継続を妨げられることなく、適切な治療を受けながら生き生きと働き続けられる社会を目指す取り組みです。

平成28年2月に厚生労働省から『事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン』が公表され、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるように

研修やセミナーの実施による厚生労働省が定めた「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」の周知・普及・啓発; がんなどの患者(労働者)、事業者、人事労務担当者、産業保健スタッフからの両立支援に係る相談の対応

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインについて 平成28年2月23日付け基発0223第5号健発0223第3号職発0223第7号; 治療と仕事の両立支援のための「地域両立支援チーム」の設置について 平成29年5月19日付け基発0519第11号

厚生労働省は、治療と仕事の推進を目的に、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」及び働き方改革実行計画(平成29年3月28日、働き方改革実現会議決定)に基づき作成している「企業・医療機関連携マニュアル」を改訂しました。

[PDF]

事業者様のご判断です。 就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少等 就業上の措置とは(厚生労働省「事業場における治療と職業生活の 両立支援のためのガイドライン」)

概要. 治療と職業生活の両立支援における現状; 産業保健としては、事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインが策定され、地域両立支援推進チームが設置されるなどの方策が進められ

[PDF]

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン 治療技術の進歩等により、「不治の病」から「長く付き合う病気」に変化 (例:がん5年相対生存率が向上 平成5~8年53.2%→ 平成15~17年58.6%) 仕事をしながら治療を続けることが可能な状況

事業者等啓発セミナー. 平成28年2月に厚生労働省から示された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」等の普及・啓発を目的とした事業者等を対象とするセミナーを実施してい

治療と職業生活の両立支援リーフレット・支援申込書(pdf) 事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン. 本ガイドラインは、両立支援のための関係者の役割、事業場における環境整備、個別の労働者への支援の進め方を含めた、事業場に

厚生労働省より,日本医学会を通じて「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインの改訂」について周知依頼がありましたのでお知らせします. 詳細は下記pdfをご確認ください. 周知依頼文書(pdf/490kb)

[PDF]

構では、厚生労働省が策定した「事業場における治療 と職業生活の両立支援のためのガイドライン(平成28 年2月)」などの周知に取り組むとともに、事業場に おける治療と職業生活の両立を促進するため

「治療と職業生活の両立等支援対策事業」(平成25年度厚生労働省委託事業)において企業を対象に実施したアンケート調査によると、疾病を理由として1か月以上連続して休業している従業員がいる企業の割合は、メンタルヘルスが38%、がんが21%、脳血管

・支援申込リーフレット(事業者向け) 事業場における治療と職業生活の両立支援をお手伝いします! ・支援申込リーフレット(労働者向け) 病気になっても離職する前に、まず相談を! ・労働者向け利用可能な制度一覧 ・企業向け助成金(厚生労働省) 治療と仕事の両立支援制度導入に

[PDF]

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン 治療技術の進歩等により、「不治の病」から「長く付き合う病気」に変化 (例:がん5年相対生存率が向上 平成5~8年53.2%→ 平成15~17年58.6%) 仕事をしながら治療を続けることが可能な状況

厚生労働省では、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるようにするため、事業場における取組などをまとめた「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表しています。

存続にも影響しかねません。当の社員も収入が途切れ、経済的に追い込まれます。 平成28年2月に、厚生労働省から「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が示されました。

厚生労働省から示された「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」等の周知・普及・啓発; 個別訪問支援. 企業関係者の申出を受けて、専門家(両立支援促進員)が企業を訪問し支援を

[PDF]

平成29 年度治療と仕事の両立支援セミナー 議事録 ①「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインについて」 岩手労働局労働基準部 小田健康安全課長 ②「地域版・患者版パンフ

平成28年2月23日、厚生労働省から「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が公表されました。 背景としては、治療技術の進歩や長寿化により、何等かの病気をもちながら生活している人が増えてきたことがあります。平成2

平成28年2月23日、厚生労働省から「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が公表されました。 背景としては、治療技術の進歩や長寿化により、何等かの病気をもちながら生活している人が増えてきたことがあります。平成2