LHD

ミャンマー 旅行記 – ミャンマーの旅行記|STW

ミャンマーに関する旅行記・ブログ・体験記を紹介。ミャンマーへの旅行の参考になるかも♪日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでミャンマーの旅行プランを検討してみよう!

ミャンマー旅行・ツアーの旅行記なら、クラブツーリズム!添乗員付きツアーならしっかりサポート!実際にミャンマーへいってきました!ヤンゴン、バガン、ゴールデンロックなどの観光地や現地の雰囲気を感じることができるマーケットなどの魅力たっぷりのミャンマーを充分に満喫できる

ドコミャンマーは、ミャンマー旅行情報を中心にアジア最後の秘境「ミャンマー」の魅力を発信する旅行記ブログです。ミャンマー観光に役立つ情報や文化などを紹介しています。

anaの直行便で訪れたミャンマーの旅行記。金色に輝くゴールデンロックやシュエダゴン・パゴダ、小さな仏塔が林のように立ち並ぶカックー遺跡、夕日に染まるバガンの仏塔郡や水上村があるインレー湖、色とりどりの野菜や果物が売られるバザールなど、青空が広がる絶好の天候に恵まれ

4/5

ミャンマー旅行記(カロー編その①)~カローという街を知ってるかい?~ 2015.11.23 ベトナム北部旅行記(サパ編その③)~寝台バスに乗ってみた!~ さいふぁんProfile. 1993年生まれの社会人。

ミャンマー旅行記1日目 成田~ヤンゴン空港へ ana便で成田からヤンゴンへ ana nh0813便(午前11時発→ヤンゴン16時着)を利用しヤンゴンへ。 成田空港ではお決まりのanaラウンジにて出発前にビールを

クリックして Bing でレビューする10:45

May 11, 2016 · 2016年3月に10日間ほどミャンマーを個人で旅行した記録。動画内タイトルは『深夜特快2016 ミャンマー編』 #2 スワンナプーム国際空港⇒ドンムアン

著者: TokiChiyo S
クリックして Bing でレビューする10:25

May 09, 2016 · 2016年3月に10日間ほどミャンマーを個人で旅行した記録。動画内タイトルは『深夜特快2016 ミャンマー編』 #1 日本(羽田空港)⇒タイ(バンコク

著者: TokiChiyo S

ヤンゴン(ミャンマー)に関する旅行記・ブログ・体験記を紹介。ヤンゴンへの旅行の参考になるかも♪日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでヤンゴンの旅行プランを検討してみよう!

ミャンマー旅行記2012年のGWにミャンマーへ旅行に行ってきました。去年のウズベキスタンに引き続き、個人旅行のヒントになる事柄を中心に紹介します。旅程4月27

ミャンマーの滞在期間は特に決めていなかった。けれど自分でも驚くほど潔く、帰りのチケットを購入していた(おまけに日本行きのチケットも)。 バガンでの目的を果たしたこともあるが、ゆったりとしたこの環境に沈んではいけない、そん

4月末から5月初めのgw(ゴールデンウィーク)に6泊7日のミャンマー1週間旅行をしたときの旅行記です。 ヤンゴンやバガン、ポッパ山などを観光しました。

ミャンマーの旅行記、いかがでしょうか? 本日は、旅のエピソードから少し離れ、ミャンマーの食事の風景を。 ## バガン 夕食. 初日の夜。 バックパッカーふたりと夕陽を眺めて、ホテルに戻る道すがら、 「流行ってそうなお店でご飯を食べよう!」 と

ミャンマー旅行記(ヤンゴン編その②)~シュエダゴン・パゴダはやっぱりおすすめ!~ 2016.01.27 ミャンマー旅行記(マンダレー編その①)~怪しいお兄さんについていってみた~ さいふぁんProfile. 1993年生まれの社会人。

2019年12月1日(日)★ ミャンマー旅行7日目。バガンの街にやってきた、ミャンマー旅行中のハノイ在住女子のざわわです。バスでバガンに早朝到着し、午前9時から「おはようミャンマー」さんの日本語ガイド&馬車付きの1日バガンツアーに参加してき

初めてのミャンマーの旅行記 | ミャンマーといっても観光地が思い浮かばないですよね。どんな By 地球の歩き方「旅スケ」

ミャンマー旅行・序章: なんでミャンマーなのか? 結論からいいますと、たまたま特典航空券でヤンゴン行きのチケットが取れたことが最大の理由だったりしますが、自分の中で引っかかっていることがあ

ミャンマー旅行記24日目 インレー湖には日本人経営のカフェがあるのです! 2019/12/20 インレー湖, ミャンマー旅行記. 2019年12月18日(水)★24日目、今日はニャウンシュエの街の市場を散策したあと、カフェでせっせと記事を書きました。

「ミャンマー旅行記」〜電車の旅、列車に揺られすぎたり、#MeTooだったり? こんにちは。EmiLia( エミリア)です。 いよいよ電車の旅。 ある意味、この度のクライマックスの貴重な経験

旅行者が投稿したミャンマーの旅行記の一覧です。ミャンマー~首長族の古里を訪ねて~Kaya州 Loikaw

【ミャンマー旅行記 1日目 part3】です。 前回(part2)の記事はこちら → 【ミャンマー旅行記 1日目 part2】武装グループに遭遇 今回は1日目の最終記事ですが、短かったのでpart2にねじ込めばよかったです。 お寺に行って、寄夜ごはん食べるだけです。 パーヤジー寺院(ヒッタマンアンパゴダ

gw(ゴールデンウィーク)ミャンマー旅行6泊7日の1日目。成田空港からキャセイパシフィック航空でまずは香港国際空港へ。香港からはキャセイドラゴン航空に乗り換え、ヤンゴン国際空港まで移動します。ヤンゴン空港近くのホテルに宿泊します。

ミンガラーバー!(こんにちは) このたび夏期休暇をいただき、ミャンマーに5泊7日で冒険に行ってきました。 こちらはミャンマーで一番に迎えてくれたサムスン 他の場所でも韓国企業の進出が印象に残りました。 今回はミャンマー滞在3日目に過ごした 「バガン」についてレポートします。

このサイトではミャンマー旅行・観光情報をご紹介します。 また、弊社はミャンマー現地旅行会社「wazo travels」です。ミャンマー旅行、ミャンマー観光、ミャンマーツアー、ビジネス視察向けのお客様まで幅広く対応させていただいております。

ミャンマー【マンダレー】旅行記の地図・2018~ 2018/8/10 2019/4/25 ミャンマー旅行記 チェック入れるとレイヤーごとに分かれてもっとわかりやすくなります。

10日間のミャンマー旅行に行ってきた私が、ミャンマーに絶対持って行った方が良いだろう持ち物を紹介します。どの国に観光に行くとしても役立つものばかりですが、特にミャンマーなら必須の持ち物ですよ!と言ったものを紹介しています。ミャンマー旅行の予定がある方は是非ご覧

ミャンマー旅行・観光のお土産を買うなら、ボージョーアウンサンマーケットがおすすめです。主要観光地ヤンゴンにある国内最大の市場です。旅の思い出や喜ばれるお土産が見つかると思います。 ミャンマー旅行・ツアーを探す. 関連記事. 雑貨好き必見!

Oct 17, 2011 · タイには、「微笑みの国・タイランド」なんていうキャッチフレーズがあります。ミャンマーのキャッチフレーズはなんだろうか?ピカピカと輝く黄金の寺院が多いのミャンマーの旅行記なら専門店のエス・ティー・ワールドへ。ミャンマー旅行をお探しのお客様に現地体験日記をご案内致し

ミャンマー旅行記. 時速30㎞で8時間かけて移動する、鉄道で格安の旅 わたしがミャンマー旅行で楽しみにしていたことのひとつが、鉄道で移動すること。 東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編 (双葉文庫)も旅行前に読んで、 バス移動よりも

ミャンマーを3泊4日で1人旅した時の旅行記。 テレビとかで日本に入るミャンマーの情報は軍事関係が多く、旅行のイメージは湧きにくい国ではないだろうか。

ミャンマーの旅行記なら専門店のエス・ティー・ワールドへ。ミャンマー旅行をお探しのお客様に現地体験日記をご案内

~旅とアート~の[ ミャンマー旅行記 ]カテゴリ全66記事中1ページ目(1-10件)の記事一覧ページです。

ミャンマー 旅行記阪急交通社トラピックスana往復直行便で行く 奇跡の岩・ゴールデンロックを訪れる ミャンマー 5日間2019/9/6 〜 9/10初めておひ

ミャンマーという国名は聞いたことがあっても、どんな観光スポットがあるかは知らないという方は多いのではないでしょうか?実は、ミャンマーは治安が良くてとても観光しやすい国。煌びやかな寺院や美しい自然に囲まれた遺跡、風情ある街並みに夢中になること間違いなし!

ヤンゴン(ミャンマー)の旅行記(ブログ)の一覧です。ヤンゴン(ミャンマー)の観光スポット、グルメ、レストラン、宿泊の情報を含む旅行記(ブログ)をランキングと地図で紹介しています。

マンダレーはヤンゴンに次ぐ、ミャンマー第2の都市です。観光場所としてはエーヤワディー川(イラワジ川)やマンダレーヒル、ザガインヒルなどがあります。マンダレー旅行記をお伝えします。

いよしよ僕のあこがれの国、ミャンマーにやってきました。ヤンゴンの空港に降りての第1印象は「思ったより都会だな、、、」でした。数年前までの他の人の旅行記や旅ブログなどを見ると、「乾期は停電が頻繁にあるので町が暗い」とか、「会計はほとんどus$札でしかもピン札じゃないと

旅行記. ミャンマー(ヤンゴン)ー成田線のanaビジネスクラス(nh814便)搭乗記! ミャンマーでは和食は1回食べたっきりで、久しぶりの和食だったので気分も上がります。

こんにちは、yuです。 前回の旅行記の続きになります。 この日は日帰りでチャイティーヨーまでゴールデンロックを見に行きました。 ヤンゴンから少し遠いので泊りがけで行くのが無難なようですが日帰り

【ミャンマー旅行記 1日目 part2】です。 前回(part1)の記事はこちら →【ミャンマー旅行記 1日目 part1】 ミャワディで両替&SIMカード入手 カフェで一服 商店街での散策を終え、早々と次の町へ行くことを決意しました。どこの町へ行くのか、どうやっていくのか、作戦を練るため、トイレ休憩を

旅行中、きっと両方を耳にすることになると思います。 バガン王朝 ミャンマーの生い立ちについて、簡単に触れておきます。イワラジ川の肥沃な大地を持つミャンマーには、昔から多様な民族が暮らし、勢力争いを繰り広げてきました。

ミャンマーの魅力を紹介するミャンマー観光・旅行ポータルサイト。東南アジアの神秘の国、ミャンマーの魅力をお伝えします。ヤンゴン、バガン、マンダレー、インレー湖などお馴染みの観光地から、ミャンマーの50を超える都市の旅行情報をご紹介致します。

で,旅行の形態であるが,休暇に充てられるのはせいぜい5日であること,いまさらバックパッカーのような旅行はできないことから,必然的にツアー参加の形になった.ミャンマーで行きたい場所はたくさんあって,個人的にはインパール作戦で知られる

東南アジア半年生活9年目の旅行記と地図. 現在は北海道の札幌市!15年ぶりの雪国滞在です。現在主に記事を書いているのは相方のこぶたちゃんですがホッシーもたまに登場します。

ミャンマー旅行記その7. ヤンゴンの町並みは予想外に綺麗で、私の予想は良い意味で裏切られたが、一方で致命的とも言える欠陥にもあることがわかった。 その欠陥とは何なのか、そしてそれにどう対応すべきなのか、そこのところを考えてみた []

まだ夏本番じゃないんですね 夏と言えばミャンマーも結構暑かったですけど、さっぱりとした暑さで日本のようなじっとりべとべと纏わりつく暑さではなかったです。 日本の夏は東南アジアよりも東南アジアのイメージ

休みを取って旅行に行くということは,必然的にその前後に集中して仕事をしなければならない.私の場合出発の前夜が当直というケースが多いのだが,今回利用するanaのヤンゴン直行便は午前中に成田を出て同日の夕方に現地に着く昼行便であり,基本的に

ミャンマー最大の見どころ、バガン遺跡。世界の絶景スポットのひとつにも名前が挙がるほど、一生に一度は見とけ!ってな素晴らしい景色が見られる場所です。ハズカシながら、ミャンマー来る前には「バガン」を知りませんでした。知り合いの住職に話をしたときに「ミャンマーですか~。

ミャンマー旅行ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 – 旅行ブログ

ミャンマーは日本人が思っているほど物騒な国ではなく、まだ観光ずれしていない暖かい人たちの住む国でした。 hf’s アジア旅行記へ

ミャンマー・・・ある年代以上の世代には旧称「ビルマ」として知られるタイとバングラデシュに挟まれた国だ。近年開発が進みタイやマレーシアなどは大きく近代化を遂げた東南アジア諸国であるが、ことミャンマーは政治情勢などから工業化に遅れを取り、ここ数年でバガン遺跡などを目玉

こんにちは、つる子です。 今日もミャンマー旅行記です。 ミャンマープラザ アウンサンマーケット ミャンマープラザ 腹ごしらえも済んだので希望を聞いてもらったスーパーマーケットへ連れて行ってもらいました。 「ミャンマープラザ」へ行きました。

ミャンマーの旅行・観光ガイド 1989年に現在の国名に改称されるまでは「ビルマ」と呼ばれていたミャンマー。 1962年にネ・ウィン将軍率いる軍事クーデターが発生し、その後は「ビルマ式社会主義」を標榜して鎖国に近い状態が長く続いた。

物価が上がりつつあるミャンマーに早く行ってしまわなければならない。 行けるうちに行っておかねばとタイから行ったミャンマー縦断。早くタイに帰りたいと思うぐらい清潔感や物価の高さに辟易。でも変なものや巨大なものがたくさんあって面白かった。

The latest Tweets from ドコミャンマー@旅行記ブログ (@docomyanmar). #ミャンマー の旅行記ブログ。#旅行 #観光 の情報を発信してい

フォロワー数: 241

自慢ではないが海外旅行などほとんどしたことがない。前回の海外渡航は友人が海外挙式のため仕方なくで、「パスポートの有効期限を確認して!」と連絡がくるほど旅慣れていない。ちなみに案の定パスポートの有効期限は切れていた。

ミャンマー旅行記#64-アウンサン将軍所縁の「ハウス・オブ・メモリーズ」でディナー. 旅行期間:2017年2月6日目スーパーでお土産を買った後は、「ハウス・オブ・メモリーズ」というレストランでミャンマー最後の食事です。

2018 ミャンマー旅行記⑨ ~ミャンマー最終日・帰国~ 2018 ミャンマー旅行記⑧ ~ヤンゴン日本人墓地・ヤンゴン周遊~ 2018 ミャンマー旅行記⑦ ~バガンから、再びヤンゴンへ~ 2018 ミャンマー旅行記⑥ ~登れる遺跡?

出発の前、①旅行会社から車も道路も悪いのでクッションを持参。②寺院やパゴダの見学は裸足が決まりなので、サンダルなどを準備、のアドバイスがあり、私たち夫婦はそれに従っています。 ラウェイの看板 初めて見るミャンマーの沿道風景。

「旅行記・ミャンマー」のブログ記事一覧です。旅行やら映画やらの独り言【落ち着いた大人になろう!】