LHD

ガッサーンカナファーニー – ガッサーン・カナファーニー(がっさーんかなふぁーにー)とは

概要

カナファーニー,ガッサーン 1936‐1972。パレスチナに生まれ、12歳のときユダヤ人武装組織による虐殺を生き延び難民となる。パレスチナ解放運動で重要な役割を果たすかたわら、小説、戯曲などを執筆。36歳の若さで自動車に仕掛けられた爆弾により暗殺さ

4.5/5(7)

ガッサーン・カナファーニー : 1936年、パレスチナの地中海岸の都市アッカーに生まれる。1948年、12歳のときデイルヤーシン村虐殺事件によって難民となり、シリアの首都ダマスカスの難民キャンプで

Jun 22, 2018 · カナファーニー,ガッサーン 1936年、パレスチナの地中海岸の都市アッカーに生まれる。1948年、12歳のときデイルヤーシン村虐殺事件によって難民となり、シリアの首都ダマスカスの難民キャンプで暮らす。

4.5/5(7)

『ハイファに戻って/太陽の男たち』の文庫を買った。今年(2017)の6月に発売されたものだ。これ、なんで文庫化されてんの? 原著が発表されたのは1960年代、日本語版は2009年に単行本が出ている。著者はガッサーン・カナファーニー、この人有名なの?

ガッサーン・カナファーニーは1936年、イギリス委任統治下のパレスチナに生まれ、第一次中東戦争の際に故郷を追われ、レバノンそしてシリアで難民生活を送る。パレスチナ解放人民戦線(pflp)のスポークスマンとして活動し、機関紙の編集に携わる一方

Apr 15, 2009 · 紙の本. ハイファに戻って 新装新版. 著者 ガッサーン・カナファーニー (著),奴田原 睦明 (訳),黒田 寿郎 (訳). パレスチナの終わることなき悲劇にむきあうための原点。20年ぶりに再会した親子の中にパレスチナ/イスラエルの苦悩を凝縮させた「ハイファに戻って」、密入国を試みる

4.7/5(10)

ガッサーン カナファーニー『ハイファに戻って/太陽の男たち』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想

83%(30)

ガッサーン・カナファーニーさんは1972年の7月に亡くなりました。このページでおまいりができます。

連載をフォロー 今週の本棚 荒川洋治・評 『ハイファに戻って/太陽の男たち』=ガッサーン・カナファーニー著

(報告)wp:rm に基づき、「ガッサ-ン・カナファーニー」から移動させました(音引きの誤記として跡地リダイレクトは不設置)。「ノート:ガッサン・カナファーニー」は移動済みノートとしました。

読書会の課題本。2017年刊行の河出文庫の短編集。著者カナファーニー(1936ー1972)はパレスチナに生まれ、難民となり、パレスチナ解放運動に参加するかたわら小説を執筆。36歳で暗殺されるが、遺された作品は、現代アラビア語文学の傑作として評価されているとのこと。

ガッサーン・カナファーニー(ヘブライ語: غسان كنفاني ‎, Ghassan Fayiz Kanafani, 1936年 4月9日 – 1972年 7月8日)は、パレスチナの小説家、ジャーナリスト。代表作に「太陽の男たち」、「ハイファに戻って

カナファーニーはパレスチナの悲劇を生きて死んだ作家である。 占領前のパレスチナに生まれ、1948年のナクバ(大災厄)後に難民となった。 彼はレバノンに逃れてパレスチナ解放人民戦線(PFLP)に所属、鮮烈な言葉を発して多くのパレスチナ人に影響を

あの頃はぼくにとって、靴というものが全世界だった。 (ガッサーン・カナファーニー) パレスチナの作家の小説「路傍の菓子パン」(奴田原

ガッサン・カナファーニーは、パレスチナの小説家であり、活動家であった。いぜんから、よみたいと思っていたのだが、岡真理さんの『アラブ 祈りとしての文学』を読んで、ますます読みたくなり、図書館で探したらあった。『現代アラブ小説全集』巻7カナファーニーがそれだった。

ガッサーン・カナファーニーの日本語で読める作品<現代アラブ小説全集 第七巻>(河出書房新社) 「太陽の男たち」 「悲しいオレンジの実る土地」 「路傍の菓子パン」 「盗まれたシャツ」 「彼岸へ」 「戦闘の時」 「ハイファに戻って」<現代アラブ文学選>(創樹社) 「ハイファに戻っ

日本大百科全書(ニッポニカ) – ガッサーン・カナファーニーの用語解説 – パレスチナの作家。アッカーに生まれる。1948年、イスラエル建国という事態に至ると、彼の家族もかろうじてシリアの山村ザバダーニーに逃れ、以後難民として苦難のなかで自己形成を遂げていく。

ガッサーン・カナファーニー | HMV&BOOKS online | 1936‐1972。パレスチナに生まれ、12歳のときユダヤ人武装組織による虐殺を | ガッサーン・カナファーニーの商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです!

ガッサーン・カナファーニーは現代アラブ文学を代表する作家の一人。そして彼はパレスチナ解放人民戦線のスポークスマンでもあった。イスラエル建国に伴って12歳の時に難民となり、二十歳(はたち)の頃から糖尿病に苦しみ、1972年7月18日、車に仕掛けられたダイナマイトに吹き飛ばされて

あの頃はぼくにとって、靴というものが全世界だった。ガッサーン・カナファーニー 鷲田さんのことば パレスチナの作家の小説「路傍の菓子

夜、ガッサーン・カナファーニー/奴田原睦明訳「戦闘の時」(『ハイファに戻って/太陽の男たち』(黒田寿郎/奴田原睦明訳、河出文庫)所収)を読む。

ガッサーン・カナファーニー ガッサーン・カナファーニーの概要 ポータル 文学目次1 略歴2 著作2.1 日本語訳書3 映画化作品4 外部リンク略歴ガッサーン・ファイーズ・カナファーニーは、1936年、イギリス委任統治領下のパレスチナのアクレ(現イスラエ

20世紀西洋人名事典 – カナファーニー ガッサーンの用語解説 – 1936 – 1972 パレスチナの作家。「アル・ハダフ」紙主幹。アッカー生まれ。1948年、イスラエル建国さなかに、難民生活を送ってきた。アラブ民族運動の機関紙「アル・フッリイヤ」から誘われ、以後ジャーナリストとして活躍する。

ガッサーン・カナファーニー著「ハイファに戻って/太陽の男たち」 5月の中山茅集子先生の講演会で少し話題にのぼり、会場にいた人たちも当然のように読んでいて、質疑応答などあったのですが、僕だけがそれを知らず、話についていけなかったので

アラブ人の名前を理解するのに役立つ資料

カナファーニーはploの急進勢力であるpflp(パレスチナ解放人民戦線)のスポークスマンを務めた。1948年、イスラエル建国の直前に起こった、ある村の虐殺事件の衝撃で少なくないパレスチナ人が難民となり、そこにカナファーニーの家族も含まれていた。

4.7/5

その名は、ガッサーン・カナファーニー。パレスチナのジャーナリストという肩書きではあるが、実際のところ、正真正銘のテロリストである。暗殺目的で爆殺されたこともわかっている。

1936年、英国委任統治下のパレスチナの、地中海岸の都市アッカーで弁護士の家庭に生まれたカナファーニーは、1948年、ユダヤ人国家の建国により、12歳で難民となった。ダマスカスの難民キャンプで苦学したのち、56年、クウェイトへ渡り、国連パレスチナ難民救済事業機関が運営する学校で

Jun 06, 2017 · ハイファに戻って/太陽の男たち – ガッサーン・カナファーニー – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も

4.5/5(6)

ハイファに戻って/太陽の男たち – ガッサーン・カナファーニー – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥968

代表作に故ガッサーン・カナファーニー原作の一人芝居『ハイファに戻って』。戯曲『朝のライラック(ダーイシュ時代の死について)』(2016)でのヨルダン文化省創造賞のほか、戯曲賞、演出賞を多数

その名は、ガッサーン・カナファーニー。パレスチナのジャーナリストという肩書きではあるが、実際のところ、正真正銘のテロリストである。暗殺目的で爆殺されたこともわかっている。

『ハイファに戻って』ガッサーン・カナファーニー. ウェルベックの『服従』に続いて、同じく河出文庫の『ハイファに戻って』を読む。やるな、河出。『ハイファ~』は、パレスチナ解放運動に身を置きつつ、36才で爆殺されたガッサーン・カナファーニー

本が、「男達と銃について」だったのには驚いた。しかし当を得ているのだろう。7月の初めといえば、敵が犯した最も醜悪な犯罪のひとつ、1972年7月8日のガッサーン・カナファーニー暗殺を私達が回顧する時期であるから。

ガッサーン・カナファーニーはpflpのスポークスマンをしていて、1972年7月18日、自動車に仕掛けられたダイナマイトによって、爆殺。エンジンをかけた瞬間に爆発し、姪のラミースとともに砕け散った。 1936年4月9日、アッカーに生まれる。

作 :ガッサーン・カナファーニー 翻訳:渡辺真帆 演出:生田みゆき 出演:内藤裕志、山口眞司、森岡正次郎、滝沢花野、橋本千佳子、杉林健生、深堀啓太朗 演奏:常味裕司 「鳥が鳴き止む時ー占領下のラマッラー」 作 :ラジャ・シャハデ

パレスチナの小説家ガッサーン・カナファーニー (右)彼の代表作『太陽の男たち・ハイファに戻って』 これに激怒したパレスチナ・ゲリラ過激派は、特別暗殺チーム「黒い九月」をドイツのミュンヘンに

今日の朝刊にガッサーン・カナファーニーの著作※に関する書評が掲載されていて、居ずまいを正して読んだ。河出文庫に入ったらしい。わたしがガッサーン・カナファー

Huawei(ファーウェイ)のMate9というスマホを購入したところ、3週間経ったところで立ち上がらなくなった。画面が点滅し続けている様子からすると、「立ち上がろうとして頑張ってはいる」のだが、すぐ闇に引きずり戻されてしまうという印象だ。まあとにかく立ち上がらない。

ガッサーン・カナファーニー自身 1948年にイスラエルが建国されて12歳で彼自身が難民となり、大人になって小説を書くが、人間が難民となるとはどういうことなのか、難民として生きることはどういうことなのか、そのことを思想的な意味を作品を通じて

ガッサーン カナファーニー『太陽の男たち・ハイファに戻って』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約4件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

アッコの旧市街 ガッサーン・カナファーニーinアッコ/ちきゅ [24349720] | 国内最大級のストックフォト検索ダウンロードサイトaflo.com-アフロ。日本人をはじめとする人物写真素材、自然風景、イラスト、アートなど様々な広告向け写真素材・映像素材から、最新のニュース、スポーツ、エンタメ

ガッサーン・カナファーニーは現代アラブ文学を代表する作家の一人。そして彼はパレスチナ解放人民戦線のスポークスマンでもあった。二十歳(はたち)の頃から糖尿病に苦しみ、1972年7月18日、車に仕掛けられたダイナマイトに吹き飛ばされて死んだ。

ガッサーン・カナファーニー 外部リンク npo前夜(「季刊 前夜」に「ガザからの手紙」、「スロープ」、「ラムレの証言」などのカナファーニー作品の岡真理による翻訳と解題を掲載中)[前の解説]「ガッサーン・カナファーニー」の続きの解説

「なぜおまえたちはタンクの壁をたたかなかったんだ」。密航を手引きした運転手の叫びが砂漠に響く。灼熱(しゃくねつ)下、国境通過に

The latest Tweets from AYAKO SAKUMA (@sakubun). インタヴューや書評を中心に細々とライターの仕事をしています。河出書房新社から『「文藝」戦後文学史』が出

フォロワー数: 824

パレスチナ人の作家ガッサーン・カナファーニー作の短編小説を読んだ感想。

ハイファに戻って – ガッサーン・カナファーニー/著 奴田原睦明/訳 – 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。

ガッサーン・カナファーニー『ハイファに戻って』 主人公は、イスラエル成立期(1948年)の戦争で難民となりハイファからヨルダン川西岸地区に移ったパレスチナ人の夫婦です。

また、パレスチナ問題について、ガッサーン・カナファーニーをはじめとするパレスチナの作家の思想をプリーモ・レーヴィなど西洋の作家たちの思想に接続することで、「難民」を近代の思想問題として捉え直すことで、「パレスチナ」を普遍的な思想的

短編がいくつか入っているが、 やはり「ハイファ」が一番小説としてよくできている。 小説的フィクションを強度に転換することが巧みに行われている。そう思うのは要するにほかの短編が ざらりとしたナマの感触のまま突き出されているように感じるからだ。

東京文学サロン月曜会第2会場(通称:駒井組)第15回定例会の課題本は、ガッサーン・カナファーニー『ハイファに戻って

. パレスチナ難民の、受難と、苦悩と、争闘の中に生きる姿を描いた作品集です。. これら作品の背景には、パレスチナ人が被った異邦人によるパレスチナ収奪の歴史が、つねに重々しく横たわっています。 その壮絶な歴史の一部始終は、訳者奴田原氏による解説にて、作者の来歴および無名の

パレスチナ人作家ガッサーン・カナファーニーの戯曲「帽子と預言者」と、パレスチナ自治区ラマッラー在住の弁護士兼作家ラジャ・シャハデの戯曲「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」を2本立てで上演する。演出を、文学座の生田みゆきが手がける。

パレスチナ人作家を代表する、ガッサーン・カナファーニーの戯曲。1972年に36歳で爆殺後約9ヶ月後に発表された作品である。彼は小説家としては高名で有りますが戯曲は殆ど知られていません。本邦初演でありパレスチナ演劇の原点ともいうべき戯曲です。

ガッサーン・カナファーニーは1936年、イギリス委任統治下のパレスチナに生まれ、第一次中東戦争の際に故郷を追われ、レバノンそしてシリアで難民生活を送る。パレスチナ解放人民戦線(pflp)のスポークスマンとして活動し、機関紙の編集に携わる一方

Jimdo. あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から

ハイファに戻って/太陽の男たち新装新版 – ガッサーン・カナファーニー – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥2420

パレスチナ人作家を代表する、ガッサーン・カナファーニーの戯曲。1972年に36歳で爆殺後約9ヶ月後に発表された作品である。彼は小説家としては高名で有りますが戯曲は殆ど知られていません。本邦初演でありパレスチナ演劇の原点ともいうべき戯曲です。